「JR東日本アプリ」あす更新 新幹線の編成やコンセント有無が確認可能に

2017年3月31日、JR東日本が「JR東日本アプリ」を更新。新幹線の車両形式や車内サービス、見込み運転時刻などが列車ごとに確認できるほか、乗換案内なども追加されます。

乗換案内機能も搭載

 JR東日本は2017年3月30日(木)、スマートフォン向けアプリ「JR東日本アプリ」を3月31日(金)にアップデートすると発表しました。

 新機能として、東北・北海道・上越・北陸新幹線で、列車ごとに、車両形式(E5系、E6系など)や座席種別、電源コンセントの有無、車内販売の有無(臨時列車など一部を除く)などが確認できるようになります。加えて列車走行位置や、その列車の定刻と見込み(おおむね2時間後まで)の出発・到着時刻も表示されます。

170330 jreappli 01
新幹線は列車ごとに車両形式や座席種別、電源コンセント、車内販売、停車駅、時刻などが確認可能に(画像:JR東日本)。

 表示区間は東北・北海道新幹線の東京~新函館北斗間、上越新幹線の東京~新潟間、北陸新幹線の東京~金沢間です。山形新幹線の福島~新庄間、秋田新幹線の盛岡~秋田間は対象外です。

170330 jreappli 02
東北・北海道・上越・北陸新幹線の列車走行位置が確認可能に(画像:JR東日本)。

 在来線の列車走行位置は、すでに首都圏では山手線や東海道線、高崎線など21路線で提供されていますが、新たに青梅線(立川~青梅)と五日市線の2路線も加わります。

 また、乗換案内機能も搭載されます。全国の鉄道路線に対応しますが、「JR線のみ」の検索も可能です。さらにJR東日本全駅(BRT区間を除く)の構内図や首都圏92駅のホーム出口案内も追加。東京、品川、新宿、池袋、上野、仙台の6駅については、コインロッカーの空き状況も確認可能です。

 アプリの対応OSはiOS 8.0以上、Android 4.2以上。利用料は無料です(通信料は利用者負担)。JR東日本は「これからも進化するJR東日本アプリをぜひご利用ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント