教習車、なぜ「アクセラ」ばかり? 背後にあるマツダの狙いとは

2017年現在、マツダ「アクセラ」が国内教習所の教習車として大きなシェアを占めています。マツダとしても力を入れているという「アクセラ」教習車は、いかにして広まったのでしょうか。

「アクセラ」教習車が多いのは「当然の流れ」?

 普通自動車運転免許の教習で乗ったクルマは何でしょうか。15年ほど前に運転免許を取得した記者の場合、タクシーなどでよく見かけるトヨタ「コンフォート」や日産「クルー」だったと記憶しています。

 ところが近年に取得した人と話をしていると、多くの人がマツダ「アクセラ」だったといいます。その「アクセラ」を普通車の教習車として導入している東京都葛飾区の平和橋自動車教習所に話を聞きました。

マツダ「アクセラ」の教習車モデル(画像:マツダ)。

――「アクセラ」を採用している理由はなんですか?

 昔はマツダ以外の教習車を使っていたのですが、ある教習所が閉鎖されるにあたり、その教習所で導入したばかりだった「アクセラ」を一部引き取ったのがきっかけです。特に悪いところはなく、生徒からも「かっこいい」と好評なこと、そしてコストパフォーマンスがよいことから、その後、ほかの教習車を更新するにあたっても「アクセラ」を導入しました。

※ ※ ※

 同教習所によると、「教習車モデル」が設定されている車種は限られていて、それ以外のクルマを教習車にする場合は改造が必要な場合もありコストが高くなるとのこと。「アクセラ」は、教習車モデル設定車のなかでも特にコストパフォーマンスがよく、「導入する教習所が増えたのは当然の流れ」だと話します。

 実際に「アクセラ」は教習車としてどれほどのシェアがあり、どういう特徴があるのでしょうか。マツダに聞きました。

――「アクセラ」の教習車としてのシェアはどれくらいですか?

「マツダ調べ」ではありますが、直近では30パーセント台のシェアです。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 今や、MT車の設定が少ない時代。この先、運転免許は、どうなって行くのだろう。究極は、自動運転限定免許か?ああ怖•••

  2. 止まる事さえ出来れば、最悪のケースを回避出来る場合が多い事から、自動運転限定免許ですと、止まり方だけの教習になりそうですね。

  3. 教習車 カペラだったわ。

  4. 最初にマツダ車乗ってたらトヨタに乗り換えても違和感ないけど、最初にトヨタ車乗っててマツダ車に乗り換えると違和感ありそうだから良いのかも。

  5. カタログ請求したところ、次のような回答がありました。

    「誠に申し訳ございませんが、アクセラ教習車につきましては
    お客様にお送りできるカタログをご用意しておりません。
    折角お問合せをいただきながら、ご期待に沿う回答となりませんで
    したこと悪しからずご了承くださいませ。
    今後とも、マツダとマツダ車をよろしくお願い申し上げます。」

    残念です。

    ちなみに、トヨタさん、ホンダさんは親切に送ってくれました。

  6. 昔、「10台買うと1台タダ」とかいう都市伝説がありまして
    それでマツダの教習車増えたのだと思ってました。
    タクシーも増えましたから・・・。