紀勢本線の和歌山~和歌山市間でICカードが利用可能に JR西日本

JR西日本が、紀勢本線の和歌山~和歌山市間にICカードサービスを導入へ。あわせて和歌山市駅を接続駅とする南海電鉄とのIC連絡定期券も発売します。

南海とのIC連絡定期券も発売へ

 JR西日本は2017年4月10日(月)、紀勢本線の和歌山~和歌山市間で、「ICOCA」などのICカードを利用できるようにすると発表しました。

170410 jrwkiseiic 01
ICカードサービスが導入されるJR紀勢本線の和歌山~和歌山市間(画像:JR西日本)。

 サービスの開始時期は7月の予定です。紀勢本線ではすでに和歌山~海南間の各駅と、海南~新宮間の特急「くろしお」停車駅でICカードサービスが導入されています。

 なお、和歌山~和歌山市間のサービス開始にあわせ、和歌山市駅を接続駅とするJR西日本・南海電鉄間のIC連絡定期券が新たに発売されます。対象のカードは「ICOCA」「SMART ICOCA」「PiTaPa」です(記念カードなど一部除く)。

 具体的なサービス開始日、定期券発売日などは決まり次第告知されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント