横浜から秩父へ夜行列車運転 西武の新型車両で「絶景ツアー」初開催(写真8枚)

西武鉄道など4社が、2017年5月26日の深夜に、元町・中華街駅から西武秩父駅へ団体専用の夜行列車を初めて運転します。

5月26日プレミアムフライデーに出発

 西武鉄道と西武トラベル、総合光学機器メーカーのビクセン、サッポロビールは2017年4月25日(火)、「元町・中華街駅発の夜行列車で行く秩父絶景ツアー」を初開催すると発表しました。

170425 seibuyako 01
元町・中華街~西武秩父間の夜行列車に使用される西武鉄道40000系電車のイメージ(画像:西武鉄道)。

 東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道と協力。有料座席指定列車「S-TRAIN」にも使われている新型の40000系電車を使用し、5月26日(金)プレミアムフライデーの深夜に、元町・中華街~西武秩父間で団体専用の夜行列車が運転されます。

 西武秩父駅(埼玉県秩父市)からは貸切バスに乗り換えて三峯神社(同)へ。到着後は、星空観賞や雲海鑑賞、ご祈祷などが予定されており、朝食には加熱機能付き容器で温かい「秩父わらじ味噌豚丼」(ミニサイズ)が用意されます。

出発駅は元町・中華街、多摩川、練馬から選択可能

 ツアーの出発駅は横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街(横浜市中区)、東急東横線の多摩川(東京都大田区)、西武池袋線の練馬(同・練馬区)です。元町・中華街駅では21時30分から22時ごろに受付が行われます。なお当日、車両にヘッドマークは掲出されません。また、運転時刻の事前公表もありません。ツアーの解散は翌27日(土)、朝9時ごろ西武秩父駅か9時30分ごろ長瀞駅(埼玉県長瀞町)かを選べます。

 旅行代金、申し込み先などは次のとおりです。

●元町・中華街駅発
・旅行代金:1万2500円
・申し込み先:西武トラベルウェブサイト
・受付開始:4月27日(木)正午
●多摩川駅発
・旅行代金:1万2300円
・申し込み先:西武トラベルウェブサイト
・受付開始:4月27日(木)正午
●練馬駅発
・旅行代金:1万円
・申し込み先:西武鉄道練馬駅観光案内所
・受付開始:5月2日(火)午前10時

170425 seibuyako 02 170425 seibuyako 03 170425 seibuyako 04
西武鉄道40000系電車の車内イメージ(画像:西武鉄道)。
三峯神社から見える星空のイメージ。2016年8月20日撮影(画像:三峯神社、西武鉄道)。
三峯神社から見える雲海のイメージ。2016年8月20日撮影(画像:三峯神社、西武鉄道)。

 主催4社はこのツアーについて、星空や雲海などの絶景を確約するものではなく、気象条件などにより楽しめない場合があるとしています。

 ちなみに、三峯神社が調べた同社における雲海発生率は、2015年5月が29.0%、6月が40.0%、2016年5月が54.8%、6月が40.0%です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170425 seibuyako 05
  • Thumbnail 170425 seibuyako 06
  • Thumbnail 170425 seibuyako 07
  • Thumbnail 170425 seibuyako 08
  • Thumbnail 170425 seibuyako 01
  • Thumbnail 170425 seibuyako 02
  • Thumbnail 170425 seibuyako 03
  • Thumbnail 170425 seibuyako 04

最新記事

コメント