阪神5500系がリニューアル ドア開閉ボタン新設、車いすスペースは全車両に

阪神電鉄の5500系電車がリニューアルし、2017年5月2日から営業運転を始めます。

車内は「豊かな摂津灘の海」をイメージ

 阪神電鉄は2017年4月27日(木)、各駅停車用の5500系電車をリニューアルし、5月2日(火)から営業運転を開始すると発表しました。

 阪神・淡路大震災で被災した車両の代替として導入された5500系が、1995(平成7)年の製造初年から20年以上経過していることから、今回、リニューアルが行われました。

170427 hanshin5500r 01
リニューアルされた5500系電車(画像:阪神電鉄)。

 外観デザインは、各駅停車用車両の伝統色であるブルー系を踏襲しつつも、塗り分け位置やドア部分の配色を変更し、リニューアル車であることがわかるようにしてあります。

ドア上に液晶ディスプレイ導入

 車内デザインは5700系電車をベースとし、つり革を青色にするなど「豊かな摂津灘の海をイメージした内装」(阪神電鉄)に。また、車いす、ベビーカースペースは全車両に設けられます。さらに車内の保温・保冷のため、ドア部分には、利用者自身で開閉操作ができるボタンが設置されます。

 ドア上には32インチハーフサイズの液晶ディスプレイを導入。停車駅や乗り換え案内などの情報が4か国語(日、英、中、韓)で提供されるほか、今後は、5700系とともに、運転見合わせや遅延などに関する情報も配信される予定です。

 5500系のリニューアルは、2017年度に4両編成2本(計8両)で実施され、今後も順次行われます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170427 hanshin5500r 02
  • Thumbnail 170427 hanshin5500r 01

関連記事

最新記事

コメント