レギュラー車にハイオクガソリンを入れたらどうなるのか?

ハイオクガソリンをレギュラー車に給油すると、どうなってしまうのでしょうか。

レギュラー車に入れる人、「たまにいます」

 ガソリンエンジンのクルマは、エンジン内で混合気(燃料と空気が混ざったもの)を圧縮して爆発させ動力を得ています。燃料となるガソリンにはレギュラーとハイオクがありますが、このうちハイオクガソリンはレギュラーよりも自己着火しにくいという特徴があり、高圧縮で爆発させて高いパワーを得ることができるため、スポーツカーや排気量の大きなクルマに適しています。

日本のセルフスタンドでは、ハイオクのノズルは黄色、レギュラーのノズルは赤(画像:写真AC)。

 レギュラー車には通常、レギュラーガソリンを入れますが、その一方で「ハイオクガソリンを入れたら、どうなるのか」といったような声も聞こえます。実際にはどうなのでしょうか。東京23区内のとあるガソリンスタンドに聞いたところ、「特に問題になるようなことはありません。そういう方はたまにいます」とのこと。

 では、石油元売り各社はどのような見解なのでしょうか。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 昔、ガソリンスタンドで「ハイオクガソリンを入れると性能が上がるのでお勧めします。」と云われたことは在りますが、その時は廃屋の意味が解っていたので断りましたが。
    今の車では、レギュラーガソリン車に10回に一回位は入れても良いかなとは思います。
    但し、古い車では点火タイミングが変るので止めた方が良いと思います。
    ノッキングが起きたり、アウターファイアー等が発生しエンジン自体に悪影響が出ます。
    添加剤もそこそこ高いので、一回ぐらいは入れても良いかもです。
    逆に、ハイオク車にレギュラーガソリンを入れるのは性能を発揮できないので止めた方がいいかもですね。
    メーカーによってもオクタン価が違うのでそれも確認しておいた方が良いと思います。

  2. 以前にハイオク指定の国産車(ターボ車)乗ってた時期に、満タン計測でハイオクとレギュラーの燃費比較をしてみたことがある
    具体的な数値は忘れたが、価格差を燃費悪化が埋める程度にはレギュラーでの燃費が悪くなった
    それ以後はずっとハイオク入れて走るようにしたな