東名阪道の渋滞対策、上り四日市IC手前が先行して暫定3車線に 6月10日から

渋滞対策として暫定3車線化の工事が進む東名阪道上り・鈴鹿IC~四日市IC間。2017年6月には、このうち四日市IC手前の約2kmが先行して暫定3車線化されます。

新名神高速開通までの暫定措置

 NEXCO中日本名古屋支社は2017年5月24日(水)、東名阪道上り(名古屋方面)・四日市IC手前の約2km区間について、6月10日(土)午前6時から暫定3車線化すると発表しました。

 鈴鹿IC~四日市IC間は現在、上下線あわせて1日約9万台の交通量があり、主に午後の時間帯を中心に慢性的な渋滞が発生している状況です。そこで、並行する新名神高速が開通するまでの暫定的な対策として、現在の道路幅は変えずに車線や路肩の幅を狭めて、車線数を2車線から3車線へ増やす取り組みが進められています。

170524 higashimeihan3syasen 01
2017年6月10日から、東名阪道上り線の四日市IC手前約2kmの区間が暫定3車線化される(画像:NEXCO中日本)。

 上り線では鈴鹿IC~四日市IC間のうち約8kmで暫定3車線化の工事が進められており、今回、四日市IC手前の約2kmが完成を迎えることから、先行して運用が開始されます。なお、残り約6kmは、今年夏ごろに完成する予定です。

 NEXCO中日本は「3車線(暫定)運用区間を延伸することにより、この区間の渋滞緩和が見込まれ、定時性・安全性の向上が図られます」としています。

 なお、並行する新名神高速の新四日市JCT~亀山西JCT間は、2018年度に開通する予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170524 higashimeihan3syasen 02
  • Thumbnail 170524 higashimeihan3syasen 01

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 広い路肩があるから暫定3車線ができるんですよね。
    この前開通した新名神には路肩がほとんど無いので、渋滞が発生したらおしまいです。

  2. 新名神の一部区間を肩代わりしている現状では、焼け石に水だろう。

  3. これ、新名神が出来ても名阪国道などの影響で2車線では足りない。
    ケチらずしっかりと亀山ICまで3車線にした方が良い。
    特に新名神が出来たら亀山JCTの長い合流は必要なくなるからそれを活用して3車線にするのが望ましい。