「環七」「環八」、一から六は? 東京の環状道路、その現状と「知名度」

「環四」から「環六」は?

「環四」から「環六」は、「環三」のより外側に位置します。

環状4号線(環四)

 外苑西通り、不忍通り、明治通りの荒川区から墨田区にかけての区間、そして丸八通りなどが該当します。

・起点:港区高輪三丁目
・終点:江東区新砂三丁目
・長さ:約28.8km

環状5号線(環五)

 計画上「環5ノ1」「環5ノ2」の2路線に分かれていますが、いずれも大部分が明治通りに該当します。新宿や池袋付近で、本線部の未開通区間について工事が進められています。

●環5ノ1
・起点:渋谷区広尾五丁目
・終点:北区滝野川二丁目
・長さ:約13.9km

●環5ノ2
・起点:北区王子二丁目
・終点:荒川区荒川五丁目
・長さ:約4.3km

環状6号線(環六)

 品川区から板橋区に至る山手通りに該当します。

・起点:品川区東品川二丁目
・終点:板橋区氷川町
・長さ:約20.5km

Large 170524 kanjo 05 Large 170524 kanjo 06 Large 170524 kanjo 07
環状4号線のルート(国土地理院の地図を加工)。
環状5号線のルート(国土地理院の地図を加工)。
環状6号線のルート(国土地理院の地図を加工)。

 これら環状道路の計画はいつから存在し、そしてなぜ、1号線から6号線はあまり知られていないのでしょうか。東京都建設局に聞きました。

――環状道路の計画はいつからあるのでしょうか。

 8本の環状道路構想ができたのは関東大震災(1923年)後のことです。すべての環状道路が新設というわけではなく、一部は既存の道路を活用して作られています。それらをつなぎ合わせる形で事業が進みました。現在も一部で未開通部分の整備が進められているほか、計画の道幅に達していないために拡幅事業が行われている箇所もあります。

――「環一」から「環六」という通称はなぜ浸透していないのでしょうか。

 それは、区間ごとに「〇〇通り」といった異なる呼び名があり、一般的にはそちらが知られているためです。今後、新たに区間が開通しても、「環状〇号線」あるいは「環〇通り」などと呼ばれるとは限りません。

※ ※ ※

 今後、路線の全通によってこれまでの呼称が変わる予定などもないそうで、「環一」から「環六」については、今後もそのように通称されることはないかもしれません。

【了】

テーマ特集「【道路】ここが県道? 日本一長い信号など…知らなかった! 道路のトリビア」へ

この記事の画像をもっと見る(8枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

8件のコメント

  1. 環状7号線は、江東区を通ってません。江戸川区に訂正願います。

    • ご指摘ありがとうございます。
      訂正させていただきました。

  2. 明治通りって東側も通っていなかったっけ?
    と思ったら、西側だけが環5ってことか。
    何でだろ?

  3. これだけ何重にも囲ってるのに全部混雑してるのってすごいよね

  4. 環状線の他に放射道路の都市計画が有ったはずなので、せっかくだからそちらも取り上げてほしいです。

  5. 昭和30年代山手通りと云わず環6と云ってました。

  6. 環状2号線の新橋以東って全然環状じゃないね、この区間を環状2号線に含めるのは異常な気がする。道路整備当局は気が狂っってしまったのかな。

  7. 今は北海道に住んでいますが、1965年生まれで今の地下鉄要町駅上のバス停が「祥雲寺坂下」と呼ばれた頃、環状六号線とふつうに呼んでいました。山手通りとも呼んでいましたが、少なくとも当時の小学生には、環六という認識がありましたよ。