泳げる場所がない阪神「尼崎センタープール前駅」の謎 そもそも何が「センター」?

阪神電車の尼崎センタープール前駅は、近隣施設に由来する駅名ですが、付近に泳げる場所はありません。「プール」そして「センター」は、はたして何を意味しているのでしょうか。

開業当時から「センタープール前」

 阪神電車の尼崎駅(兵庫県尼崎市)から普通列車で西に2駅のところに、「尼崎センタープール前」(同)という駅があります。

170526 centerpool 01
梅田駅から約11km、神戸三宮駅から約20kmの場所にある尼崎センタープール前駅(2010年2月、恵 知仁撮影)。

 しかし、駅付近に水泳用のプールは見当たりません。なぜこのような駅名なのか、阪神電車に聞きました。

――尼崎センタープール前駅に隣接した水泳用プールはないのでしょうか?

 ありません。大きなボート池を備えた尼崎競艇場が駅に隣接しており、それに由来する駅名です。

――なぜ「尼崎競艇場前」ではないのでしょうか?

 もともと1952(昭和27)年に競艇場のための臨時駅として開業したのですが、そのときからの駅名ですので、いまとなってはわかりません。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170526 centerpool 03
  • Thumbnail 170526 centerpool 01
  • Thumbnail 170526 centerpool 02

関連記事

最新記事

コメント