2代目「タイガースジェット」7月就航 スカイマーク

スカイマークと「阪神タイガース」がコラボした2代目「タイガースジェット」が就航。2017年7月上旬から、プロ野球の今シーズン終了ごろまで運航されます。

オルゴールバージョンの「六甲おろし」を放送

 スカイマークが2017年7月から、「阪神タイガース」とのコラボレーション企画として、特別デザイン機「タイガースジェット」の2代目を運航します。

 2016年に運航した初代の機体デザインを踏襲しつつ、虎のマークを大きく中央に配置。タイガースイエローのしま模様と、「神戸開港150年記念事業」のロゴがあしらわれたデザインです。本拠地を置く兵庫県から日本一を目指すタイガース球団とともに、スカイマークが関西の拠点とする神戸空港から全国に挑む姿を表現したといいます。

2代目「タイガースジェット」機体デザインのイメージ(画像:スカイマーク)。

 座席には「阪神タイガース」仕様のヘッドレストカバーを設置。乗り降りの際には、六甲オルゴールミュージアム(神戸市灘区)が制作を手掛けた「六甲おろし オルゴールバージョン」が放送されます。

「タイガースジェット」の機材ボーイング737-800型機の「JA73NK」。7月上旬から今シーズン終了ごろまで、スカイマークの全路線で運航されます。

 スカイマークは「『タイガースジェット』の運航を通じて、歴史ある神戸港の魅力を阪神タイガースと共に日本全国へ発信してまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 長崎から羽田の乗り継ぎ便を給油を兼ねた経由便と理解してる関係者がいるのには実際に参った!お客様案内の電話担当からは降りなくていいですよーと告げられた実際の機種乗り換えには焦った!