東京モノレールとJR東、浜松町駅の「乗り換え通路」相互通行化 2018年3月から

東京モノレールとJR東日本が、浜松町駅の乗り換え通路を2018年3月から相互通行化。羽田空港から首都圏各方面への移動がシームレスになります。

同一フロアで乗り換えが可能に

 東京モノレールとJR東日本は2017年6月6日(火)、モノレール浜松町駅(東京都港区)とJR浜松町駅(同)の乗り換え通路を相互通行化すると発表しました。時期は2018年3月からの予定です。

 浜松町駅は、東京モノレール羽田空港線とJR山手線、京浜東北線の結節点です。モノレールからJRに乗り換える際、現在は3階のモノレール改札を出て2階へいったん下り、JR連絡通路を進んで、3階のJR南口改札から再度入場する必要があります。

170607 monorailhamamatsucho 01
浜松町駅の現在(上)と工事後(後)のイメージ。一方通行だった乗り換え通路が相互通行化される(画像:東京モノレール)。

 今回の工事により、モノレールとJRで分かれていた改札が、ひとつの「乗換専用改札」としてまとめられ、同一フロアで相互に乗り換えが可能になり、あわせてバリアフリー化も図られます。

 東京モノレールは「乗換連絡通路の拡幅により、お乗り換えのお客さまの混雑緩和と一層の利便性向上を目指してまいります」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント