SL全盛期の客車復刻 「SLやまぐち号」新編成、9月2日デビュー

JR西日本が臨時快速「SLやまぐち号」の、2017年9月から12月までの運転日を発表。新しい客車による運行は、9月2日から始まります。

旧型客車を復刻

 JR西日本は2017年6月9日(金)、山口線を走る臨時快速「SLやまぐち号」の、今年9月から12月までの運転計画を発表しました。

 9月2日(土)から12月24日(日)までの土休日(11月23日を除く)、新山口~津和野間62.9kmで運転されます。運転時刻は現在と同様、次のとおりです。

・下り
 新山口10時50分発→津和野12時59分着
・上り
 津和野15時45分発→新山口17時30分着

 下り列車は地福駅で14分間停車(12時17分着、12時31分発)します。また、9月2日(土)に限り、下り列車に運転時刻の変更が生じます。

170609 jrwyamaguchiautumn 01
2017年9月から運行が始まる「SLやまぐち号」用の新しい客車(2017年6月、恵 知仁撮影)。

「SLやまぐち号」は、9月から開催される観光キャンペーン「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」にあわせ、新しい客車5両が導入されます。「SL全盛期の客車を復刻した新しいレトロ客車」(JR西日本)といい、昭和初期に製造された旧型客車の形式としながらも、バリアフリー対応の多機能トイレや電源コンセントなど、最新の設備もあわせ持っています。

 列車は全車指定席です。乗車には乗車券のほか、指定席券やグリーン券が必要。きっぷは乗車日の1か月前午前10時から、駅にある「みどりの窓口」などで発売されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170609 jrwyamaguchiautumn 02
  • Thumbnail 170609 jrwyamaguchiautumn 01

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. やはり空調はディーゼル発電かな?本当の復刻で機関車から暖気を取り入れたり夏は窓解放してトンネル通過するなんて・・・客退くか、

  2. 別記事で999についてコメントがあったが、いっそのことC62そっくりなハイテク機関車というのはどうだ?
    空を飛び宇宙空間へというのはさすがに無理だろうが・・・。

  3. 編成更新するほど人気なのか?磐越線でもSLが走ってるけど、20年前に磐越線の野沢という駅から乗った列車がディーゼルが牽引する客車だったけど、それより古い車両の復刻なんだろうね?

  4. 瑞風よりはコストパフォーマンスははるかにまし。

  5. 確かに合った風景の場所を走るようだね、車で沿線の9号走ってると分かるよ、機関車はどうなんかな?何時までも走らせられるんかな?

    • 度々修理はしてますし、C57-1整備期間中には……ということで動態保存されてSLスチーム号程度の運転しかしてなかったD51-200を復活させてます。

  6. 昔特急オホーツクの夜行に1両だけ寝台が組み込まれてたけど、あれって何?改造?新車?エンジンあるの?

    • 14系寝台客車の電気回路を改造したもので、エンジンは発電用だけでした(故に組み込む編成も
      限定されていた)。