臨時列車5本、明け方に運転 博多祇園山笠「追い山」にあわせ JR九州

JR九州が、博多祇園山笠の「追い山」にあわせ、2017年7月15日明け方に特急「きらめき」を含む臨時列車5本を運転します。

門司港→博多は特急「きらめき91号」も運転

 JR九州は2017年6月21日(水)、福岡市博多区で行われる恒例行事「博多祇園山笠」の「追い山」にあわせ、臨時列車を運転すると発表しました。

JR九州の普通列車のイメージ(2015年4月、恵 知仁撮影)。

 祭りのクライマックスにあたる「追い山」は、7月15日(土)午前4時59分に博多の総鎮守である櫛田神社(福岡市博多区)をスタートします。この開催時刻にあわせ、同日明け方に以下5本の臨時列車が運転されます。

●特急「きらめき91号」
・門司港3時01分発→小倉3時13分発→博多4時09分着
・門司、戸畑、八幡、黒崎、折尾、赤間、東郷、福間にも停車。
●普通「博多山笠号」
・小倉2時35分発→折尾2時59分発→博多3時57分着(門司港始発)
・荒木3時25分発→鳥栖3時38分発→博多4時19分着
・直方3時10分発→飯塚3時30分発→博多4時14分着
・筑前前原3時56分発→姪浜4時16分発→中洲川端4時31分発→祇園4時33分発→福岡空港4時40分着

 JR九州は「お出かけには、便利なJRをご利用ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント