金属探知機を乗ったまま通過 JAL、完全非金属の木製車いすを空港へ導入

航空機への搭乗にあたって通過する、保安検査場の金属探知機。一般的な車いすでは通るのが難しく、別に検査が必要でしたが、これを解決する完全非金属製の車いすをJALが導入します。

搭乗がスムーズに

 日本航空(JAL)は2017年7月12日(水)、福祉機器メーカーのキョウワコーポレーションと共同開発した木製車いすを、全国の空港に順次導入すると発表しました。

170712 jal 01
シラカバの木と樹脂などでつくられているJALの完全非金属車いす(画像:JAL)。

 この木製車いすは、主要パーツにシラカバの木を、留め具に樹脂を採用した完全な非金属製。金属を用いた従来の車いすでは搭乗の際、保安検査場で金属探知機が反応するため、係員による接触検査を受けねばなりませんが、この木製車いすならば「スムーズにご搭乗いただける」(JAL 植木義晴社長)といいます。また、木のぬくもりと優れたクッション性により、快適な乗り心地を実現したそうです。

 JALは2011年に、空港への導入事例としては世界初となる非金属製の竹製車いすを一部空港へ導入していましたが、新たに木製車いすを開発したことによって、さらに多くの空港へ非金属製の車いすを配備可能になったといいます。また全日空(ANA)では2016年4月より、国内空港へ日本初となる空港・機内用の樹脂製車いすを導入しています。

 JALは、木製車いすをまず80台導入。2018年度までに約250台を、全国の空港へ順次配備する予定です。なお、羽田空港国際線ターミナルではこの木製車いすではなく、就航各社共通の車いすが使用されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170712 jal 02 1
  • Thumbnail 170712 jal 01

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 空港内だけなんて、あまりにももったいなさ過ぎ。屋外で使用できるように改良して大量産してもよいくらい。

    • 進出するだろ、ただもう少し木目を強調してもいいかな?

  2. 車椅子使用者が自由に乗り物の乗って表に出て楽しむ人生に歓迎する。