「非日常」を楽しむ乗り物3選 森を行くモノレールは所要1時間! 水のエレベーターも

森の中を行くモノレール、廃線を利用したレールバイクなど、「非日常」を楽しめる少し変わった乗り物を紹介します。

非日常な乗り物に乗ってみたい

【本記事は、旅行読売出版社の協力を得て、『旅行読売』2016年10月号に掲載された記事「宮田珠己が行くニッポン偏愛観光地 その19」を再構成したものです】

※ ※ ※

 乗り物に乗るのが好きだ。実は飛行機だけちょっと苦手だけれども、鉄道や船のみならず、自動車でもロープウェイでもジェットコースターでもなんでも、乗り物ならたいてい好きだ。

 徳島県に変わったモノレールがあるというので乗りに行った。

 その名も奥祖谷観光周遊モノレール。

 モノレールと聞くと、東京モノレールや大阪モノレールといった公共交通を思い出すが、この観光モノレールは所定のコースを一周して戻ってくる2人乗りのアトラクションだ。驚くのはその所要時間。65分もあるのである。

170808 ryhenai19 02
奥祖谷観光周遊モノレールはずっと森の中。

 展望の開ける場所もあるにはあるが、ほぼ全行程が森の中。途中、渓流だの池だの洞穴だのといった見どころもない。にもかかわらず飽きない。なぜだろう。

 山がちな日本では、場所によって個人で小さなモノレールを設置し、畑などへの往復に利用しているところがある。手作り感のある小さなモノレールは、見ればちょっと乗ってみたくなる代物だが、ふつうは関係者しか利用できない。そんなモノレールを、観光用に作って誰でも乗れるようにしたのがポイント。その発想がいい。

 乗ってみるとわかるが、急斜面をぐいぐい上る力強さも心地よく、森林浴を楽しむつもりで乗れば65分はちっとも長くない。むしろ、のんびりした癒やしの時が過ごせる。だまされたと思って乗ってほしい。ただし、上にいくほど寒くなるので防寒の用意と、事前にトイレは必須で。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170808 ryhenai19 03
  • Thumbnail 170808 ryhenai19 02
  • Thumbnail 170808 ryhenai19 01
  • Thumbnail 170808 ryhenai19 04

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 祖谷モノレールまだやりおるんか?昔学生の頃に住んでいた近くに多摩テックと言う遊園地にこんな非日常の乗り物あったよ。

  2. 水のエレベータ、ようするにプチパナマ運河。あれ?東京にも観光用ではないけれどなかったっけ?

  3. 値段が癒されないが、一度は利用してみたいなぁ。