トヨタ、カーシェア事業用アプリを開発 ハワイで実証開始

トヨタがカーシェア事業用アプリを開発。米ハワイ州のトヨタ販売店で2017年8月から実証を開始しました。

現地代理店のカーシェア事業をサポート

 トヨタは2017年8月17日(木)、カーシェア事業用アプリを開発し、米ハワイ州のトヨタ販売店、Servco社と実証事業を開始したと発表しました。

 Servco社はすでに今年7月から試験的な運用を開始しており、今年後半から同州ホノルルで一般顧客向けのカーシェア事業を本格稼動させる予定です。

170817 toyotaappli 01
利用者用画面のイメージ(画像:トヨタ)。

 このカーシェア事業用アプリは、スマートフォンでドアを開閉するシステム「スマートキーボックス」(SKB)を用いたドアロックの開閉機能などに加え、事業者向けに車両管理や利用者の認証、決済サービスといった機能を有します。

 トヨタは今年1月から米サンフランシスコで、カーシェア事業を手掛けるGetaround社とカーシェアの実証実験を展開中。今回、ハワイ州でも実証事業を行うことで、アプリなどの完成度を高めていくとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170817 toyotaappli 02
  • Thumbnail 170817 toyotaappli 01

関連記事

最新記事

コメント