F-14、トーネード…「可変翼」はなぜ衰退した? そもそも可変翼が目指したものとは

当初は「手動」?

 当初、F-111は開発費と維持費の軽減のために、アメリカ空軍と海軍とで共通の機体を使用する予定で計画がスタートし、空軍型のA型と艦上戦闘機型のB型を開発する予定でした。ところが空軍と海軍の要望を採り入れるために、様々な機構を採用した結果、機体の重量が予想よりはるかに増加し、海軍は重量増加では運用が困難とB型の採用を取り止め、A型のみがアメリカ空軍に採用されました。

Large 170817 kahen 03
オーストラリア空軍のF-111C。アメリカ空軍では1996年、オーストラリア空軍は2010年に全機が退役(画像:Master Sgt. Kevin J. Gruenwald)。

 その後、技術革新によりコンピューターによる飛行制御が可能となり、F-111が「CAS(コントロール増強システム)」により、ようやく可変翼が実用化に至ります。主翼の角度は、飛行中にパイロットが手動で変更させる方式でした。

 ところがいざベトナムで実戦投入されると、敵戦闘機との空戦には苦戦し、空域を制圧する制空戦闘には不向きであることが露呈します。爆撃機としては優れたF-111でしたが、空軍はより優れた制空戦闘機としてF-15の開発をスタートさせます。

 一方、採用を見送った海軍はF-111の可変翼やミサイル、エンジンなどの技術を転用し、F-14の開発に着手します。F-111では手動で変更させていた可変翼は、「CADC(統合飛行制御装置)」により角度の自動制御が可能となり、優れた飛行性能を発揮することができました。

Large 170817 kahen 04
アメリカのデスバレーで低空飛行訓練を行うイギリス軍のトーネードGR.4。可変翼以外にも、スラストリバーサー(逆噴射装置)を備えている(2016年、石津祐介撮影)。

 可変翼はその後、1960~1970年代に流行しアメリカ空軍の爆撃機B-1やソ連の戦闘機Mig-23やSu-24、イギリス軍のトーネードなどに採用され、軍用機の新しい技術として定着するかに思えましたが、やがて時代の流れで衰退していきます。

この記事の画像をもっと見る(9枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

9件のコメント

  1. ちなみに皮肉にもイラン空軍のF-14は活躍中。ついでに世界最大の可変翼機は旧ソ連のTu-160ブラックジャックとの事。いずれにしても可変翼は維持コストが高い、武器・燃料搭載のためのハードポイントも複雑になる、などあまり利点がなかったのかも。

  2. F14でトップガンってのは俺もそう思うけど、それ以前に知名度を上げた、マクロスのヴァルキリーのベース機としてF14を思い出す^^;

  3. F-111の脱出装置は音速域でも安全に脱出できるように
    キャビン毎外れて安全に脱出出来る仕様だったが
    キャビンの風防で音速域での脱出は怪我も無く脱出出来るが、着地する時キャビンの重量がネックになって
    パイロットが負傷する事が重なりF-111の退役が早まった…

    • それと、コックピット全体での重量計算がシビアで新しい機材を搭載するたびに各種設定をやり直さないとモジュール脱出システムの障害になるのも敬遠されたそうです。

      それにしてもF-111はかっこいい!!
      WW2以後の機体では今でも一番好き。
      モジュール脱出システム、ウェポンベイ、それに可変翼とギミック満載なのが良い。

    • そういえば、F-111はオーストラリアでも採用されてました。あと電子戦機もありました。

  4. 可変後退翼の始祖はP.1101だろけど可変翼の始祖はもっと以前の旧ソ連の引き込み翼や折り畳み翼等の各種実験機だろう
    この意味ではバルキリー(実機の方)も可変翼
    この記事なら言葉は可変後退翼とすべきだ

    • 確かにねぇ。旧ソ連の実験機も、離着陸時の速度を落とせる大面積の主翼と、高速飛行時の高翼面荷重を無理矢理両立させようとした可変面積翼(伸展縮小、及び単葉複葉切り替え機。ちなみに両方飛ぶには飛んだそうです。)だし、これまたドイツ発想のオブリークウイング(斜め翼。例えは悪いがオスプレイの主翼みたいに機体軸に対して直角からぐるっと回る。よって機体半分前進翼、残り半分後退翼。これもアメリカで実際試験飛行していました。)も可変翼だし、ご指摘のバルキリーも含まれますし。ただ、あまり詳しくない普通の人にとってみれば可変翼すなわちほぼ可変後退翼みたいなものですからねぇ。

  5.  一時代はF(戦闘機)での空中戦が攻撃の優劣を決めると思われていましたが、最近の兵器の注目はミサイルや無人偵察機(ドローン)になっていると思う。有人の飛行機で防空する時代ではありません。

  6. トムキャットは、空母を守る戦闘機だったが、非常に燃費が悪く、長距離は飛べない、維持費が高い事から、A7コルセアの後続機、ホーネットの強化2人乗りのスーパーホーネットに、その座を奪われました。しかし、そのシルエットはアメリカ国民だけでなく、世界に多くのファンを作り出しました。なので、唯一、イランに売った事が公開するはめになりました。戦闘能力は、F15以上、ホーネットとも、その機体の大きさを感じさせない、有利な立場にいました。未だに、基地の警備に使われている場所もありますが、部品調達が出来なくなれば、展示機だけになります。日本では、厚木基地にそのシルエットだけは見ることが出来ます。しかし、厚木基地の展示機の売りは、プラウラーですので、メインではありません。活躍したのは、VF41のミグ連続3機撃墜が一番です。同じ空母には、VF84のジョリー・ロジャースが人気No1で、空母ニミッツ艦上にて、たたずんでいました。この映画は「トップガン」より「ファイナル カウントダウン」の方が、現実に忠実に作られています。主演は、カークダグラスとマーティン・シーン(チャリー・シーンの親)でした。空母ニミッツも、1975年就航と、もはや最古の空母となりました。CVN65を生かしたので。