海自潜水艦、5分で壊滅? 現実に起きかねない最悪のシナリオとは

海上自衛隊の潜水艦が、ほんのわずかな時間で壊滅しかねない可能性があります。その最悪のシナリオとは、どのようなものなのでしょうか。

増強進む海自潜水艦隊

 海上自衛隊では2017年現在、他国の止まらぬ軍拡、海洋進出に対処すべく、潜水艦隊の増強が進んでいます。しかしその増強とは裏腹に、潜水艦隊は最悪、戦わずして総崩れになりかねないという致命的弱点がそのまま放置されているという、大きな矛盾を抱えています。

170207 submarine 01
海上自衛隊観艦式にて観閲を受けるそうりゅう型「こくりゅう」。2015年に就役したばかりの新鋭ディーゼル潜水艦(関 賢太郎撮影)。

 もともと海上自衛隊の潜水艦は保有数を16隻(+2隻の練習潜水艦)と定められていましたが、政府は2010(平成22)年、これを22隻(+2隻の練習潜水艦)にまで拡張することを決定しました。

 日本において潜水艦を建造できるメーカーは川崎重工と三菱重工の2社のみであり、いずれの造船所も神戸に所在。防衛装備庁は、それぞれに定期的に仕事を与えノウハウを継承させるため、1年に1隻ペースで交互に随意契約を行っています。

 つまり、海上自衛隊には必ず1年に1隻新しい潜水艦が就役することになりますから、同時に1年に1隻ずつ退役することで定数を維持し続けています。よってこれまでは艦齢16年で一線を退いていたわけですが、これは世界的に見ても異例なほど短命であり、本来まだまだ現役で使える状態のものを定数があるから廃棄するという、もったいない使い方でした。今後は現役期間を22年に延長することで、定数22隻を実現する予定になっています。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

14件のコメント

  1. 航空写真で堂々と基地内部が解る様に公開している国ですから、突っ込みどころは多いと思います。

    結局、官僚は予算確保だけを考えているのでは無いか?
    とも思えます。

  2. [歩哨が一人もいない]あのー
    隊門に居ますけど。基地に来た事
    無いんじゃないの?

  3. 潜水艦部隊でも、哨戒中の1隻、移動中の1ないし2隻、ドック入りの1隻というように、3ないし4のローテーションを実施しているので、潜水艦部隊が壊滅することはありえないでしょう。22隻いるとして、2隻が練習用でしたら、残りが20隻、4サイクルでしたら、1サイクルが5隻。つまり、常に5隻程度が作戦中で、作戦海域への生き帰りに10隻、ドック入りが5隻というところでしょう。ですから、陸上で攻撃されても5隻が破壊されるというところでしょうか。

  4. 随分呑気な事を言ってますね、そんなに弱点が分かっているならなぜ改善しないのでしょうか?中国や韓国の工作員が紛れ込んできて破壊活動するという危機感を感じない防衛庁なんて世界のどこにも存在しません。
    長年の平和ボケで官僚たちは自分が現役の時だけ何事もなければ後はどうなっても責任はないという「事なかれ主義」はもう終わりにしてください。
    こんな弱点は中国はとっくに把握しているはずです。潜水艦も元は国民の税金で作られたもの、一隻でも破壊されたら大損ということです。

  5. そもそも国内に対戦車ミサイルを持った特殊部隊が行動するような状況で、潜水艦にのんびりと魚雷を詰め込んでいるわけないだろ。
     

  6. あと、阪神大震災の時に大量の機関銃やロケット弾が見つかったって話、あれは「おもちゃ屋の倉庫」の話だからな。

    • 北九州の指定暴力団工藤会がRPG-7を押収されたってのは有名な話

    • RPG-26だし

    • で、その押収されたRPG、ロケット弾はすぐに使えるのか?ロケット弾に使用される推進薬は湿度と温度の変化に非常に弱く、湿度と温度の管理を一定に保たないとすぐに使えなくなる。特に日本のような夏は高温多湿、冬は低温乾燥になるような場所ではね。
      射撃訓練を受けた人材と維持管理する人材・設備がないと弾薬はすぐに使えなくなるのよ。

  7. 歩哨いねぇ訳ないだろ。
    試しに入ってみろよ。

  8. 潜水艦を虎の子と思い込んでるの先進国では日本だけじゃないかな。

    実際、米国は探知技術の向上で潜水艦の隠密性と優位性は薄れたと発言してるしね。だから世界は兵器運用の高速化、迎撃攻撃手段であるミサイルの速度向上に鎬を削ってるわけではないのかな。

    つまり、水中を数ノットないし数十ノット程度でしか移動できない潜水艦は探知されると鴨ねぎ。

  9. 構造や装備に極端な軍事機密が無ければ同盟国に売却するのもお金稼ぎにいいと思うけど、残念ながら兵器の輸出は御法度か~~~  MOTTAINAI

  10. あり得ないと思っても、手段として十分に考えられるのだから対策するべきだと思うが。

  11. 横須賀のビルの上まで対戦車ミサイルを持ち込むオペレーションリサーチを密輸入段階から行ってみてください。
    ドローンに停泊中の潜水艦を破壊できる兵器搭載のフィジビリティースタディーをアップしてください。
    自衛隊の即応能力、実戦能力の向上を促す、抗たん性の向上には素晴らしい警鐘と考えますが、
    脅かしすぎです。
    残念ですが、軍事作戦立案の未経験者の話である事が見え見えです。