松山千春さん、生歌でANA機をアシスト 出発大幅遅延の機内で見せた粋な配慮とは

8月20日、新千歳発伊丹行きのANA機内で、乗り合わせていた松山千春さんが歌で乗客を和ませるという出来事がありました。機の内外でなにが起きていたのでしょうか。

大幅遅延でいらだちムードの機内 そこにあの人の声が

 歌手の松山千春さんが8月20日(日)、出発が遅延していた旅客機のなかで自身の曲を歌い、場を和ませるという出来事がありました。

 現場となったのは、夏のUターンラッシュが続く新千歳空港です。同空港を当初20日午前11時55分に出発する予定だった伊丹行きANA1142便は、予定が大幅に遅れていました。

170821 chiharu 01
新千歳発伊丹行きANA1142便の使用機材、ボーイング777-200の同型機(2016年3月、恵 知仁撮影)。

 ANA広報部によると、「保安検査場の混雑により、出発予定をあらかじめ12時40分に変更していましたが、12時35分頃になっても、まだ保安検査場を通過していないお客様が数十名いらっしゃっる状況でした。当日はUターンラッシュのピ-クであり、未搭乗のお客様を残して出発した場合、後続便に空席がありません。このため予定のお客様を全てお待ちする判断をしました」といいます。

 予定時刻を過ぎても出発しない状況のなか、すでに機内へ搭乗していた乗客はいら立ちを募らせていたといいます。そのなかで、客室乗務員用のマイクを使い、ある人が語り掛けてきたそうです。

 その声の主は歌手の松山千春さん。機内の搭乗口に近い部分に立ち、しばし乗客へ語り掛けると、やがて歌い始めたそうです。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. Uターンピークならではですな、松山千春さんが寅さんみたいに旅は道連れとは和やかですな、確かにアタシも自分が乗ってしまえば電車でもバスでも早く出せ!!と思う感情は人としての年輪が無い証で反省します。

  2. 松山千春はあまりファンではないけど、これはいいね。
    自分にできることをやりました、というシンプルな気持ちが良い。

  3. 有名人だからといって上から目線でいうのでなく自分も分刻みで活動している人なのに勇気ある行動をとったとおもう。こういう思考のなかで千春さんの詩や曲が、うまれるんだろう。 心暖まる行動ありがとう。