「アクセラ」に「ソウルレッド」新色登場 マイナーチェンジでより安全に マツダ

マツダは「アクセラ」をマイナーチェンジし、2017年9月21日に発売します。

マツダ3代目「アクセラ」をマイナーチェンジ

 マツダは2017年8月24日(木)、スポーツコンパクト「アクセラ」をマイナーチェンジし、9月21日(木)より発売すると発表、予約を開始しました。同社は2017年度中に国内主要5車種(「デミオ」、「アクセラ」、「アテンザ」、「CX-3」、「CX-5」)へ先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の標準装備を公表しており、今回発売する「アクセラ」によって、5車種が出揃います。

170824 axela 01
「マツダ アクセラセダン 15XD」のイメージ(画像:マツダ)。

●マツダ「アクセラ」マイナーチェンジのポイント
・先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の採用を拡大、ブレーキサポートシステム「アドバンストSCBS」や車線逸脱警報システムなどを標準装備。全モデルが経済産業省や国土交通省などが普及啓発する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当。
・4つのカメラによる前後・左右・俯瞰映像をセンターディスプレイに表示する。「360°ビュー・モニター」をメーカーオプション設定(一部モデル除く)。マツダ車として初採用。
・1.5Lクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」をセダンモデルに新設定。
・本革シートや運転席パワーシートなどを標準装備した「L Package」を、ディーゼル車とハイブリッド車に加えて1.5Lガソリンエンジン車にも追加。
・従来カラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」比、彩度を約2割、深みを約5割増した新開発ボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を採用。
・価格は182万5200円(税込)より(15C、セダン/スポーツ)。

 マツダは今回の「アクセラ」マイナーチェンジにあたり、「『お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆を持ったブランドになること』を目指しています。このために、人とクルマの関係性の「あるべき姿」を追い求め、モデルチェンジなどのタイミングにとらわれず、商品の熟成、進化を行ってまいります」と述べています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170824 axela 02
  • Thumbnail 170824 axela 03
  • Thumbnail 170824 axela 04
  • Thumbnail 170824 axela 01

関連記事

最新記事

コメント