JAL機内食に新風 新進気鋭のシェフが共演 和食あえて無し 変わる機内食の世界

JAL国際線のプレミアムエコノミーとエコノミークラスの機内食で、「新時代の若き料理人」たちが1年間にわたって“共演”します。また日本人以外の乗客も増えているJAL、同社の機内食では初めての「チャレンジ」も。

「RED U-35」ファイナリストの味がJAL機内で「共演」

 日本航空(JAL)の国際線機内食に、「新時代の若き料理人」たちによるメニューが登場することになりました。

「新時代の若き才能を発掘する日本最大級の料理人コンペティション」という「RED U-35(RYORININ's EMERGING DREAM)」。その歴代ファイナリストの若手シェフ監修による機内食が、2017年9月1日(金)から2018年8月31日(金)まで日本発のJAL国際線、中・長距離路線のプレミアムエコノミークラスとエコノミークラスで提供されます。

 内容は3か月ごとに変更され、このたび発表された若き料理人たちによる9月から11月までの「秋メニュー」では、ある新しい試みが行われます。選択肢に「和食」がないのです。2種類から料理を選ぶ日本発のプレミアムエコノミー・エコノミーに「和食」という選択肢が導入されて以降、それがなくなるのは初めてといいます。

 JALの担当者によると近年、日本人以外の乗客も増えており、半分以上が日本人以外という場合も。そうしたなか新メニューは、日本人のみならず、世界から訪日する人々に満足されるものを目指したとのこと。

170828 jal 01
JALの「若き料理人たちによる機内食」。右が「中華」で左が「洋食」(2017年8月28日、恵 知仁撮影)。

 秋メニューで用意されるのは「中華」と「洋食(フレンチ)」。JALの植木社長はチャレンジングだと思うとしつつ、「和食をラインナップしないのは今回が初めてですが、それだけ期待しているメニューで、お子さまからご年配の方まで、必ずやご満足いただける素晴らしい内容に仕上がっております」と話します。

170828 jal 02 170828 jal 03 170828 jal 04
JALの植木義晴社長。
「LA BETTOLA」の落合 務オーナーシェフ。
機内食を監修する「RED U-35」ファイナリストたち。

 また「RED U-35 2017」で審査員を務める東京・銀座のイタリア料理店「LA BETTOLA」の落合 務オーナーシェフは、若い料理人の、においなどをクリアして機内食で中華を提供する発想は素晴らしく、これからは旅先だけではなく、機内でもおいしい料理を楽しめる、そういう時期になってきたと話します。

 ちなみに「中華」を採用したことについて、このたび秋メニューの機内食を監修する「RED U-35 2016」グランプリ受賞者が「中華」のシェフであったことのほか、植木社長自身が中華料理好きであることも「忖度(そんたく)されたかもしれません(笑)」だそうです。

この記事の画像をもっと見る(14枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170828 jal 14
  • Thumbnail 170828 jal 01
  • Thumbnail 170828 jal 02
  • Thumbnail 170828 jal 03
  • Thumbnail 170828 jal 04
  • Thumbnail 170828 jal 05
  • Thumbnail 170828 jal 06
  • Thumbnail 170828 jal 07
  • Thumbnail 170828 jal 08
  • Thumbnail 170828 jal 09
  • Thumbnail 170828 jal 10
  • Thumbnail 170828 jal 11
  • Thumbnail 170828 jal 12
  • Thumbnail 170828 jal 13

関連記事

最新記事

コメント