真田の城下町から「ラピュタ」のような無人島まで 「ひとりでも訪ねたい町」7選

ひとり旅だからこそ楽しめる、風情ある町並みや厳かな雰囲気の古刹。ここでは、そんな歴史の舞台から幻想的な無人島まで、ひとりでも訪ねたくなる7か所をピックアップしました。

松代の新名物「杏おこわ」を味わおう

【本記事は、旅行読売出版社の協力を得て、『旅行読売』2016年11月号に掲載された特集「時にはわがまま ひとり旅」の一部記事を再構成したものです】

※ ※ ※

 誰に気遣うことのないひとり旅だから、目的地もコースも自分しだい。風情ある小路をそぞろ歩き。町の人たちと触れ合う時間も楽しい。すぐに出かけたい町を紹介します。

松代(長野・長野市) 真田十万石の城下町の面影を訪ね歩く

 2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」。大阪夏の陣の後、真田信繁(幸村)の兄・信之が移封されたのが松代藩。以降、10代250年にわたり真田家がこの地を治めてきた。その時代の遺構が残り、歴史散歩を楽しむにはうってつけだ。

 真田邸(新御殿)は9代藩主真田幸教(ゆきのり)が建築した住居で、主屋と表門、7棟の土蔵、庭園が残る御殿建築。隣接して真田家の武具や調度品、書画などを展示した真田宝物館、江戸後期創設の松代藩文武学校(3館共通800円)がある。

 散策の途中には、特産のアンズを使った松代の新名物の杏おこわを味わおう。

 貴重な戦争遺跡、象山地下壕も必見だ。堅い岩盤地帯に碁盤の目のように全長5.8kmの地下壕が掘り抜かれている。第二次世界大戦の末期、軍部が本土決戦に備え、大本営、政府各省などをこの地下に移そうと建設したもの。労働者たちの苦役にも思いを寄せ、戦争について考えたい。

170816 ryhitorimachi 01
復元された松代城跡の太鼓門前橋。

・アクセス:北陸新幹線長野駅から松代高校行きバス30分、松代駅下車
・問い合わせ:松代観光案内所 電話026・290・6400
●宿情報
・松代荘(松代温泉)1泊2食9980円~/電話026・278・2596
・信州松代ロイヤルホテル(松代温泉)1泊2食1万8564円~/電話026・278・1811

松島(宮城・松島町) 紅葉の庭園と旬のカキを味わう

 日本三景の一つの松島は、遊覧船での島巡りが定石。各種コースがあり、ひとり旅でも、アナウンスを聞きながら美しい景観を堪能できる。

 瑞巌寺(拝観700円)は、本堂の修復工事が終わり、2016年4月から拝観が再開された。各間の襖絵は見応えがある。

 瑞巌寺の隣、円通院(拝観300円)は紅葉の名所として知られる。境内には石庭などの庭園や縁結び観音などがあり散策も楽しみ。天然石やプラスチック、ガラス玉の数珠作り体験(約20分、1000円~)もでき、女性に人気だ。

 味覚は、10月~3月が旬のカキ。カウンター席のある「旬海」でかき丼(1400円)などが味わえるほか、福浦橋の北東付近で殻付きカキが食べ放題のかき小屋が季節限定でオープンする。

170816 ryhitorimachi 02
紅葉の名所、円通院。

・アクセス:東北新幹線仙台駅から仙石線快速25分、松島海岸駅下車
・問い合わせ:松島観光協会 電話022・354・2618
●宿情報
・ホテル絶景の館(松島温泉)1泊2食1万2150円~/電話022・354・3851
・ホテル壮観(松島温泉)1泊2食1万950円~/電話022・354・2181

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170816 ryhitorimachi 09
  • Thumbnail 170816 ryhitorimachi 01
  • Thumbnail 170816 ryhitorimachi 02
  • Thumbnail 170816 ryhitorimachi 03
  • Thumbnail 170816 ryhitorimachi 04
  • Thumbnail 170816 ryhitorimachi 05
  • Thumbnail 170816 ryhitorimachi 06
  • Thumbnail 170816 ryhitorimachi 07
  • Thumbnail 170816 ryhitorimachi 08

関連記事

最新記事

コメント