「一次新潟色」の115系電車復刻へ JR発足当時の塗色を再現 JR東日本

JR東日本新潟支社が、115系電車の「一次新潟色」を復刻します。

信越本線開業120周年の記念ツアーを開催

 JR東日本新潟支社は2017年8月31日(木)、信越本線の犀潟~北条間と東三条~亀田間が、今年で開業120周年を迎えることを記念し、JR発足(1987年)当時に新潟エリアで見られた115系電車の「一次新潟色」を復刻すると発表しました。

170901 jreniigatasyoku 01
115系電車「一次新潟色」のイメージ(画像:JR東日本新潟支社)。

 国鉄からJRへの移行期に、新潟エリアを走る115系の塗色はそれまでの緑とオレンジからなる「湘南色」から、一次新潟色に変更されました。JR東日本新潟支社によると一次新潟色は、「雪を表す白いボディに、日本海の青と県花の雪椿(ゆきつばき)を表した赤のラインを施した独自のカラー」といいます。今回の復刻に際しては、現存する当時の設計図が使われます。

 9月30日(土)と10月1日(日)は、この車両を使って旅行商品専用の臨時列車「115系信越120th」が運行される予定です。新潟を発着駅とし、直江津までの区間を往復。途中駅では信越本線の歴史を振り返る歴史パネル展を見学できます。

「びゅう」は往復の列車乗車に弁当が付いた日帰り旅行商品を発売。代金(新潟駅発着)は大人6800円、子供4300円です。申し込みは2人からで、ウェブサイトまたは電話で受け付けています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170901 jreniigatasyoku 02
  • Thumbnail 170901 jreniigatasyoku 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. これじゃない!
    欲しかったのはもっと昔の「新潟色」、海老茶と山吹色の

    • しなの鉄道に譲ってあげればいいのにね。
      115系の聖地を目指しているらしいから。

  2. いよいよ115系の引退も間近なのかな?