「奥大井」の愛称復活 臨時急行列車として大井川鐵道で運転

大井川鐵道が列車愛称「奥大井」を復活。2017年9月から10月にかけて、金谷~千頭間で臨時急行列車として運行します。

急行料金は不要

 大井川鐵道(静岡県島田市)は2017年9月11日(月)、大井川本線で多客期に運行している臨時急行列車に「奥大井」の愛称を付けると発表しました。

「奥大井」は、1969(昭和44)年4月から1984(昭和59)年9月にかけて、ゴールデンウィークや紅葉の多客期に、国鉄(現・JR)東海道本線の静岡駅から大井川鐵道大井川本線の千頭駅まで運転されていた列車の愛称です。当時は、金谷駅で東海道本線と線路がつながっており、国鉄車両を使った直通列車が運行されていました。

170911 ooiokuooi 01
「奥大井」ヘッドマークの掲出イメージ(画像:大井川鐵道)。

 今回復活する「奥大井」の概要は次のとおりです。

●運行日
・9月15日(金)~18日(月・祝)、22日(金)~25日(月)、29日(金)~10月2日(月)、6日(金)~9日(月・祝)
●運行区間と時刻
・1号:金谷9時41分発→千頭10時47分着
・2号:千頭14時00分発→金谷15時17分着
・途中停車駅:新金谷、家山、川根温泉笹間渡
●料金
・運賃のみで乗車可。急行料金不要
●使用車両
・普通列車に使用している元南海、元近鉄車両

 当日は、列車に「奥大井」のヘッドマークが掲出されます。今後も、「奥大井」は紅葉シーズンなどを中心に運転される予定です。

 大井川鐵道は「今回の愛称復活により、当時を懐かしく思い起こされる方も多いと思います。愛称の復活により、自然豊かな奥大井地域の知名度向上につながれば幸いです」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170911 ooiokuooi 02
  • Thumbnail 170911 ooiokuooi 03
  • Thumbnail 170911 ooiokuooi 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. “トーマス”や“かわね路”のインパクトが強すぎて不発に終わりそう。

    ただ、ズームカーに乗せてくれるのは何事にも代えられない。ある意味SL以上の奇跡。