本州と沖縄を結ぶ旅客フェリー消滅へ LCC時代、長距離フェリーの現状とは

マルエーフェリーの阪神~奄美~沖縄航路が2017年10月に旅客営業を休止し、これにより本州と沖縄を結ぶ旅客フェリーが消滅します。LCCの時代、長距離フェリーにはどのようなニーズがあるのでしょうか。

奄美へのLCC就航が決定打に

 マルエーフェリー(鹿児島市)は、同社が運航する阪神~奄美~沖縄航路(以下、阪神航路)について、2017年10月7日(木)阪神発の便を最後に旅客営業を休止します。同航路は、奄美大島(便によって徳之島、沖永良部、与論島にも寄港)を経由し神戸、大阪と那覇のあいだ1303kmを42時間~42時間30分で結ぶものです。

170920 okinawaferry 01
マルエーフェリーの阪神航路に就航している「琉球エキスプレス」(画像:マルエーフェリー)。

 マルエーフェリーでは2014年12月に、片道1743kmという日本最長の旅客航路だった東京~沖縄間航路(以下、東京航路)で旅客営業を休止しており、さらに今回、阪神航路の旅客営業が休止されることで、「本州」と沖縄を結ぶ旅客フェリーは消滅。「本土」と沖縄を結ぶ旅客フェリーは、マルエーフェリーとマリックスライン(鹿児島市)の鹿児島~奄美~沖縄航路(以下、鹿児島航路)のみとなります。マルエーフェリーに話を聞きました。

――なぜ阪神航路の旅客営業を休止するのでしょうか?

 LCC(格安航空)の台頭や、奄美群島の住民減少などが背景にあります。年間の旅客数は1998(平成10)年に2万7670人でしたが、2016年には7778人まで落ち込んでいたうえ、2017年に入り関空~奄美間のLCCが就航し、劇的な変化は望めないと判断しました。なお、2014年の東京~那覇航路の旅客営業休止も、成田~奄美間のLCC就航がきっかけでした。

――貨物も同様に減少しているのでしょうか?

 いえ、貨物は堅調です。貨物船と比べ、旅客扱いをする船は多くの乗組員を必要とし、船の価格も1.5~2倍ほど違いますので、現在阪神航路で運航中の貨客船「琉球エキスプレス」を売却したうえでRORO船(編集部注:貨物を積んだトラックやトレーラーをそのまま運べる貨物船)「琉球エキスプレス2」に切り替え、路線を再編します。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170920 okinawaferry 02
  • Thumbnail 170920 okinawaferry 01

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 寂しくなるな。
    まあマルエーの運営じゃ、しょうがないなとも思った。

    鹿児島航路まで旅客営業止めたら、会社としての存続すら問われる事態になるだろう。
    まずはないんだろうけどね。
    ゲップが出るほどガッツリ船旅したい人にはおすすめ。ただし、揺れが結構なものなので慣れていない人にはやや辛いかも。
    上級編?

  2. やはり普通の人にとっては、早い、揺れない、景色がよい、の飛行機のほうが良い、という事か。しかし貨物フェリーだけだと、大災害が起きて島民脱出、あるいは災害復興のための人員、資機材同時大量投入の際には不便になるんだろうな。単に人を乗せればすむ、という問題ではないし(食べるもの、出すものの対策は最低でも必要)。

  3. 直行はなくなるけど、さんふらわあで志布志、志布志から陸路で鹿児島、鹿児島からA"Lineで奄美・沖縄。。。と乗り継いで行くことは今後も可能。時間とお金に余裕があれば利用したい。

  4. 沖縄航路で一番大きなフェリーはどれくらいなんだろう?苫小牧で津波を乗り越えるフェリーの写真みたけどスゲーと思ったよ!海運て重要だよね

  5. かたやLCCも沖縄以上にバンバン飛んでる関西〜北海道は、新日本海フェリーが減便もせずにがんばってるし、夏などは今でも大混雑。

    こちらは結構前から高速船だし、自分の乗り慣れた車やバイクでドライブしたいと思う人が多いかどうかでだいぶ違うのかも。奄美にドライブしに行ってきたよって、さすがにあんまり聞かないもんなぁ…。

  6. 最近の情報ですと、船自体は大型化するようです(現有船約6300総トン→代替船約10800総トン、単純計算で約5割増)。また、代替船自体も東京~志布志~那覇間に新型船が就航する代わりに転配されるとの事です。