難波~和泉中央間に新ラッピング電車「フロンティア号」登場 泉北高速鉄道

泉北高速鉄道に、新たなラッピング電車「フロンティア号」が登場。松本零士さんが名誉館長を務める大阪府立大型児童館「ビッグバン」のキャラクターたちがラッピングされ、難波~中百舌鳥間を走ります。

松本零士さんが名誉館長の大阪府立大型児童館「ビッグバン」

 泉北高速鉄道が2017年9月22日(金)、新たなラッピング電車「フロンティア号」を運行すると発表しました。

 大阪府立大型児童館「ビッグバン」(堺市南区)のキャラクターなどを7000系電車にラッピングしたもので、10月2日(月)より泉北高速鉄道線(中百舌鳥~和泉中央)と南海高野線(難波~中百舌鳥)で運行されます(走らない日もあり)。

170922 senboku 01
「フロンティア号」のデザイン。6両編成(画像:泉北高速鉄道)。

 先頭部は、子どもたちが夢をふくらませる「宇宙」をテーマにして、青を基調にデザイン。中間部は、「ビッグバン」のキャラクター「ベアル」「メロウ」がクルーを務める時空飛行船「フロンティア号」がイメージされ、乗客を「ベアル」と「メロウ」、「ビッグバン」のキャラクターである「ワニタン」が出迎えます。

 この「フロンティア号」は、10月7日(土)に光明池車庫で開催予定の「せんぼくトレインフェスタ2017」会場でも展示されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170922 senboku 02
  • Thumbnail 170922 senboku 01

関連記事

最新記事

コメント