「みさきまぐろきっぷ」10月に内容・価格を改定 三崎口は「三崎マグロ駅」に 京急

京急電鉄が、2017年10月5日に企画乗車券「みさきまぐろきっぷ」をリニューアル。店舗やレジャー施設を追加し、価格を改定します。

「KEIKYU OPEN TOP BUS」の乗車などが追加

 京急電鉄は2017年9月26日(火)、企画乗車券「みさきまぐろきっぷ」の内容と価格を10月5日(木)に改定すると発表しました。

170926 keikyumaguror 01
リニューアルにあわせ、期間限定で三崎口駅の駅名看板が「三崎マグロ駅」に。画像はイメージ(画像:京急電鉄)。

 このきっぷは、三崎口駅(神奈川県三浦市)までの京急線往復と京浜急行バス指定区間の乗車券、まぐろの食事券、施設利用券がセットになっており、日帰りで三浦や三崎を楽しめる商品です。2009(平成21)年に発売を開始し、2016年度には15万7461枚の売り上げを記録しています。

 今回のリニューアルでは、京浜急行バスのフリー区間が、従来の三浦海岸・三崎口駅から三崎港・城ヶ島方面の路線に加え、荒崎・ソレイユの丘方面も対象になります。

170926 keikyumaguror 02
きっぷ内容のリニューアルにより、「KEIKYU OPEN TOP BUS」の乗車が加わる(画像:京急電鉄)。

 まぐろの食事が楽しめる店舗は、三崎港の「三崎水産物地方卸売市場食堂」「わたつみ」、城ヶ島の「濱田屋」、荒崎・ソレイユの丘の「ソレイユの丘 プロヴァンス」の4店舗が加わり32店舗に。レジャー施設利用では「ソレイユの丘 海と夕日の湯」の日帰り入浴や2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」の乗車(ガイド付き)など3か所が追加、お土産は三崎港の「ミサキドーナツ三崎本店」や「くろば亭本店」など4店舗が対象に加わります。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170926 keikyumaguror 03
  • Thumbnail 170926 keikyumaguror 01
  • Thumbnail 170926 keikyumaguror 02

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. > 今回のリニューアルでは、京浜急行バスのフリー区間が、従来の三浦海岸・三崎口駅から三崎港・城ヶ崎方面の路線に加え、荒崎・ソレイユの丘方面も対象になります。

    城ヶ崎方面じゃなく、城ヶ島方面かと思います。

    • ご指摘ありがとうございます。 訂正いたしました。