【動画】陸自「ガンタンク」の強さとは? 攻撃ヘリ、ひとたまりもなく 87式自走高射機関砲(写真:11枚)

陸上自衛隊に「ガンタンク」と呼ばれる装備があります。87式自走高射機関砲です。装甲を持つ攻撃ヘリも、その弾が命中すればひとたまりもないといいます。どのような能力を持っているのでしょうか。

見せてもらおうか 陸自「ガンタンク」の性能とやらを

水平射撃する陸自「ガンタンク」、その能力とは(1分10秒)。

 陸上自衛隊の87式自走高射機関砲には、「ガンタンク」という非公式の愛称があります。

170926 87aw 01
富士総合火力演習「総火演」で射撃する陸自の「ガンタンク」87式自走高射機関砲(2017年8月、恵 知仁撮影)。

 陸自の「ガンタンク」は、35mm二連装高射機関砲を74式戦車の車体に搭載した、局地防空用の自走型近距離対空火器。捜索・追随レーダーと射撃統制装置が連動し、ミサイルに比べ射程は短いものの、砲弾の初速や命中率が高いという特徴があります。

 また機関砲は炸裂弾で、当たったら爆発するため、装甲のある攻撃ヘリでも、命中すればひとたまりもありません。

「地対空ミサイルのような誘導はありませんが、機関砲はいちど発射されたら妨害不可能という利点があります。隠されていた『ガンタンク』に撃たれたら一巻の終わりです」(航空軍事評論家 関 賢太郎さん)

 この「ガンタンク」がいるだけで、敵航空機は接近困難といいます。しかし高価なため、52両しか生産されませんでした。

 ちなみにこの87式自走高射機関砲、公式の略称は「87AW」、公式の愛称は「スカイシューター」です。

陸上自衛隊 87式自走高射機関砲

乗員:3人
全備重量:約38t
全長:7.99m
全幅:3.18m
全高:4.4m(起立)
速度:約53km/h
エンジン:空冷2サイクル10気筒 ディーゼル機関 720ps/2200rpm
武装:35mm(エリコンKDA)高射機関砲
開発:防衛庁技術研究本部
製作:三菱重工業(車体) 日本製鋼所(砲塔)

【了】

この記事の画像をもっと見る(11枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail  r4a2389
  • Thumbnail  r4a2391
  • Thumbnail  r4a2393
  • Thumbnail  r4a2394
  • Thumbnail  r4a2398
  • Thumbnail  r4a2411
  • Thumbnail  r4a2413
  • Thumbnail  r4a2421
  • Thumbnail  r4a2422
  • Thumbnail  r4a2425
  • Thumbnail 170926 87aw 01

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. しかし、30年前の兵器で、しかもろくに近代化改修を行っていない少数(最低でも5倍は必要だったはず)の兵器に、小型ドローンに対する攻撃能力があるかどうか。あと、後継兵器はどうなる?携行式対空ミサイルと近距離対空ミサイルの射程の隙間を埋め、超音速ミサイルからドローンまで、あるいは場合によっては地上制圧射撃も可能で、不整地走行能力も路上高速機動能力も必要で、しかも安い、となると、こりゃあ問題だ。最低でも30ミリ級の機銃(可能なら近接信管付き)と携行ミサイル(せめて6発以上)は必要だし。下手すりゃ後継なし退役かも。

    • ついでに。重量(自走前提なら20t以内、トレーラ移動前提なら40t以内)、全幅(自走前提なら2.95m以内)、全高(自走前提なら移動形態で3.5m、トレーラ移動前提なら移動形態で2.5m以内)、全長(最大でも10m以内が望ましい)の制限も考えないとまずいし。外国製を導入してもそれらの制限をクリアしないとまずいし。

    • 全幅間違い。2.5m以内でした。いづれにしても海外装備の輸入は困難。いっそ機銃を射撃指揮車に牽引させる方法でも取りますか。どのみち後継装備の研究は待ったなし。

  2. この手の近接兵器は数が揃わなくては意味がないのにね。司令部とか拠点防衛さえ出来れば良いと考えているのか。

  3. 昔、本件87AWがAWXと呼ばれていた頃に、開発の一端に携わっておりました。
    PIT-ROAD社製のプラモデルも手元にあります。
    そして今、こうして取り上げていただいていることは、たいへん嬉しくもあり驚きでもあります。

    • 差し支えなければ開発エピソードなど是非お願い致す。

  4. 87式の性能面の記事はともかく、装甲があっても炸裂弾だから、のくだりはおかしい。
    通常炸裂弾は瞬発信管なので対装甲には不向き、装甲目標には徹甲弾もしくは成型炸薬弾でしょう。
    この場合は徹甲弾ですがね。