叡電の新観光用車両、愛称「ひえい」に決定 2018年春デビュー

叡山電鉄で2018年春にデビューする予定の新観光用車両の愛称が、「ひえい」に決定しました。

ロゴも決定

 叡山電鉄は2017年9月29日(金)、新しい観光用車両の愛称が「ひえい」に決定したと発表しました。

 愛称「ひえい」について叡山電鉄は、京都中心部から八瀬、比叡山を経由し、坂本、琵琶湖に至る観光ルートの道しるべになるようにとの意図で命名。表記は、1997(平成9)年から運行している展望列車「きらら」と同じくひらがなとすることで、分かりやすさと親しみやすさを持たせたといいます。

170929 eidenhiei 01
観光用車両「ひえい」の正面・側面イメージ(画像:叡山電鉄)。

 車両は既存の700系電車1両を大幅に改造。比叡山や鞍馬山の歴史やイメージを、楕円のモチーフで表現するとしています。今回決定したロゴも、「大地から放出される気のパワーと灯火を抽象化したもの」(叡山電鉄)ということです。

「ひえい」は、2018年春にデビューする予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170929 eidenhiei 03
  • Thumbnail 170929 eidenhiei 01
  • Thumbnail 170929 eidenhiei 02

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 真っ正面の飾りがでかい。あれ?でも確か昔比叡って急行でありませんでした?

  2. なんじゃこれ!
    斬新でめちゃめちゃカッコいい!
    既成概念にとらわれていないのがいい。