トヨタ「カローラ レビン」(AE86・第5世代) ユーザーが育てた「ハチロク」とは?

販売終了後、人気爆発! そして伝説へ

 ところが、「レビン/トレノ(AE86)」の人気は、現役が終わった後も衰えません。中古車として手に入りやすくなったと、若い世代にも身近に。チューニングも盛んに行われました。そのうちに「ドリフト」という、後輪を滑らせる走らせ方が人気を集めます。そのブームの中心にいたのが、軽くて小さいFR(後輪駆動)の「レビン/トレノ(AE86)」でした。

Large 171004 86levin 05
「カローラ レビン(AE86)」のインテリア(画像:トヨタ)。

 その後、1995(平成7)年に漫画『イニシャルD』がスタートします。「トレノ(AE86)」を愛車にする主人公がドリフトを武器に、ストリートで速さを競うという内容です。漫画だけでなくアニメ化もされ、日本だけでなく広く世界で大ヒット。その結果、「レビン/トレノ(AE86)」は、今のレジェンド級の存在に成長したのです。

 つまり、AE86のレジェンド級の人気は、現役時代ではなく、その後に形成されたものでした。いってみればトヨタではなく、ユーザーが作り上げたもの。そこが「レビン/トレノ(AE86)」の特別なところであり、大きな魅力なのではないでしょうか。

【了】

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

この記事の画像をもっと見る(6枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 知ってる人はセドリックを430なんて型式で呼んでた時代もあったかな?今の86もてっきり型式かと思ってたよ、俺らは86のエンジンのコロナGT姉妹が好きでしたけどね、この86の先祖のカローラスプリンターこそ有鉛ハイオク指定の楽しい車でしたがね

  2. トレノはAE86でなく、AF86だったはず。
    カローラはAE、スプリンターはAF.

  3. >>「セリカXX」は本格的なスポーツカー。
    これは違和感w

    86も後ろ足が5リンクリジッドで限界が低かったからこそ
    かえって速さじゃなくて操る面白さが評価された車になった
    のだと思います。