エアバス「空飛ぶタクシー」は実現間近? 運賃タクシー並み、大手参入で開発競争は…?

エアバス・ヘリコプターズが「空飛ぶタクシー」とも呼べる「シティーエアバス」の初飛行を2018年にも行うと発表しました。将来的には無人飛行で客を乗せるといいますが、どのようなサービスが展開されるのでしょうか。

4人乗りの「空飛ぶタクシー」 料金は…?

 航空機大手エアバス傘下のエアバス・ヘリコプターズが、開発中のVTOL(垂直離着陸)機「シティーエアバス(CityAirbus)」について、2018年にもテスト飛行を行います。

171017 ciytairbus 01
都市上空を飛行する「シティーエアバス」のイメージ(画像:エアバス)。

「シティーエアバス」は4つのプロペラを搭載したバッテリー駆動の機体で、旅客を乗せて自律飛行が可能。このことから「空飛ぶタクシー」などといわれています。開発の背景とサービスのイメージをエアバス・ヘリコプターズに聞きました。

——「シティーエアバス」はどのような目的で開発するのでしょうか?

 大都市において、空港から市街地への旅客輸送などを想定して開発しています。大都市では渋滞の問題が、今後さらに深刻化すると考えられます。そこでわたしたちは、環境にやさしいVTOL機で大都市に新しい移動手段を提供します。

——サービスは、広く一般に向けたものなのでしょうか? 利用料金のイメージなどはありますか?

 主に通常のタクシーに乗る利用客をターゲットとしています。富裕層向けではありません。乗客1人当たりの料金は通常のタクシーの料金に相当し、1機に最大4人の乗客が搭乗可能です。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171017 ciytairbus 02
  • Thumbnail 171017 ciytairbus 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 地上に居るときに場所とりそうだな。
    それと、すごく風を巻き上げそうだし、やかましそう。
    要らないな。