「獺祭」山田錦の米粉使ったドーナツ販売 老舗2社がコラボ 山陽新幹線限定

JR山陽新幹線(新大阪~博多)で、「獺祭×サロンドロワイヤル『おこめのどーなつ』」が期間限定で発売されます。

山口と大阪の老舗がコラボ

 ジェイアール西日本フードサービスネットは2017年10月19日(木)、山陽新幹線(新大阪~博多)で「獺祭(だっさい)×サロンドロワイヤ『おこめルのどーなつ』」を25日(水)から期間限定で販売すると発表しました。

171019 donut 01
「獺祭(だっさい)×サロンドロワイヤル『おこめのどーなつ』」のイメージ(画像:JR西日本)。

 この商品は、旭酒造(山口県岩国市)の日本酒「獺祭」を製造する際に出た山田錦の米粉と、老舗ショコラティエのサロンドロワイヤル(大阪市東住吉区)の製造ノウハウがコラボレーションして生まれました。

 もちもちした食感が特徴。5個入りで1000 円(税込)。「ひかり」「のぞみ」「さくら」「みずほ」の車内で12月下旬まで販売されます。

 ジェイアール西日本フードサービスネットは「老舗2社の強みを活かした『おこめのどーなつ』は、山陽新幹線での旅のひと時を彩り、移動の疲れを癒すスイーツとして、皆さまの思い出となればとの願いが込められた一品です」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171019 donut 02
  • Thumbnail 171019 donut 01

最新記事

コメント