味噌煮込みうどん山本屋本店も出店 名古屋駅の「名古屋めし」16店舗に充実 JR東海

名古屋駅のレストランゾーンがリニューアルされ、駅構内でより多くの「名古屋めし」を楽しめるように。また「名古屋めし」のみならず、カジュアルな飲食店を集積。早朝から夜まで、さまざまなシーンで利用できるといいます。

「名古屋めし」2店舗が新登場

 JR東海と名古屋ステーション開発が2017年10月11日(水)、名古屋駅レストランゾーンのリニューアルを発表。同駅で味わえる「名古屋めし」が、より充実することになりました。

 リニューアルされるのは、広小路口側の「キュイジーヌマルシェ驛」です。今後、名古屋駅のレストランゾーンは、名称を「名古屋うまいもん通り」に統一。「キュイジーヌマルシェ驛」は12月7日(木)、「名古屋うまいもん通り 広小路口」となって、以下の4店舗(うち名古屋めし提供店は2店舗)が新たに開業します。

・山本屋本店:名古屋めし「味噌煮込みうどん」を提供。創業明治40年。
・まるは食堂:名古屋めし「エビフライ」を提供。ジャンボエビフライで知られる。
・スギモト:名古屋の老舗精肉店が直営する焼肉店。名古屋駅地区へは初出店。
・よもだそば:行列が絶えないという東京の立ち食いそば店。

Large 171016 nagoya 01
名古屋駅に新登場の「名古屋めし」、山本屋本店の「味噌煮込みうどん」(画像:JR東海)。

 これにより、名古屋駅構内で従来から展開されているレストランゾーン「名古屋うまいもん通り」は全45店舗になり、うち16店舗で名古屋めしを提供。「台湾ラーメン」や「あんかけスパ」「ひつまぶし」「味噌カツ」といったさまざまな“名古屋の味”を、駅構内で楽しむことができます。

「名古屋駅構内の『名古屋うまいもん通り』に、名古屋めしの名店をはじめ、人気のカジュアルな飲食店が集積することになりますので、多くのお客様にご利用いただければと思います」(JR東海)

 今回のリニューアルでは店舗の新規出店ほか、エントランスゲートや簡易型多目的トイレの新設なども行われます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171016 nagoya 02
  • Thumbnail 171016 nagoya 03
  • Thumbnail 171016 nagoya 04
  • Thumbnail 171016 nagoya 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 山本屋本店?なんだ、総本家じゃないんだ!残念。

  2. 名古屋めしが苦手な人は、駅にはよらずに帰ったほうが無難のようで。

    味が濃すぎるのは辛い。