アルミ合金製「3000号」車両、11月引退 さよなら記念イベント開催 山陽電鉄

山陽電鉄3000系電車の「3000号」車両が、2017年11月22日に営業運転を終了。翌23日には「3000号さよなら記念イベント」が開催されます。

1965年から53年間使用

 山陽電鉄は2017年10月19日(木)、3000系電車の「3000号」車両が11月22日(水)に営業運転を終えると発表しました。

 この車両は1965(昭和40)年に営業運転を開始。同年6月にはオールアルミ合金製の技術が評価され、鉄道友の会から「ローレル賞」を受賞しています。

171020 sanyo3000retire 01
2017年11月に営業運転を終える山陽電鉄の「3000号」車両(画像:山陽電鉄)。

 53年間の運用の締めくくりとして、最終営業運転の翌日である11月23日(木・祝)には「3000号さよなら記念イベント」を開催。山陽姫路駅を午前9時10分に出発し山陽明石駅で折り返し、東二見駅まで「3000号」に乗車、東二見車庫で撮影会を行います。当日、「3000号」には記念のヘッドマークが掲出される予定です。

 イベントの参加には事前の申し込みが必要。募集人数は120人(中学生以上限定)、参加料は3000円(記念品付き)です。小学生以下は同伴応募にて参加が可能(参加無料)。申し込みは、山陽電鉄ウェブサイトで11月8日(水)正午まで受け付けています。応募多数の場合は抽選が行われます。

 山陽電鉄は「山陽電車110年の歴史の半分を地域の足として活躍してきた『3000号』にご乗車いただけるラストチャンスです。皆さまのご応募をお待ちしております」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171020 sanyo3000retire 02
  • Thumbnail 171020 sanyo3000retire 01

最新記事

コメント