車内無料Wi-Fi、全車両に導入へ 東西線と千代田線は年内にも 東京メトロ

東京メトロが、2020年夏までを目指し、同社の全路線・全保有車両に無料Wi-Fiサービスを導入します。丸ノ内線は2018年度から新型車両に導入する計画です。

丸ノ内線は2018年度から新型車両に

 東京メトロは2017年10月23日(月)、一部の車両内で提供している無料Wi-Fiサービスについて、2020年夏までに全車両への導入を目指すと発表しました。

171023 metrowifi 01
Wi-Fiサービスが提供されていることを示す車内のステッカー(画像:東京メトロ)。

 現在、無料Wi-Fiサービスは、銀座線1000系電車の一部にあたる12編成と、日比谷線の13000系電車で提供されていますが、10月末から東西線、11月から千代田線の車両にもそれぞれ導入される予定です。

 さらに2018年度からは丸ノ内線の新型車両でもサービスを開始。2020年夏までには、東京メトロ全路線・全保有車両への導入が完了する計画です。

 サービスは外国人旅行者向けの「Metro Free Wi-Fi」「Japan Connected-free Wi-Fi」「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」で、利用するには登録やスマートフォン向けアプリなどが必要。東京メトロは「これからも、東京圏の鉄道ネットワークの中核を担う交通事業者として、一層の利便性向上を図ることで訪日外国人のお客様のさらなるご期待にお応えします」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171023 metrowifi 02
  • Thumbnail 171023 metrowifi 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 7000系とかってWi-Fi対応にしてそのまま使い続けるのでせうか