小田急「混んでて遅い」返上へ新ダイヤ発表 快速急行大増発 停車駅変更、新特急も

小田急電鉄が「複々線」完成にともなう新ダイヤを発表。「複々線」が非常に大きな影響を与え、特に「混んでて遅い」とされる小田急の朝の通勤時間帯、大きく変わりそうです。停車駅見直し、「メトロえのしま」新設なども行われます。

「ボトルネック」解消で大きく変わる小田急のダイヤ

 小田急電鉄が2017年11月1日(水)、新たなダイヤを発表。2018年3月から、「小田急線の通勤」が大きく変わりそうです。

171101 oer 01
小田急は2018年3月のダイヤ改正にあわせて、制服も一新する。中央右が星野社長(2017年11月1日、恵 知仁撮影)。

「小田急線は1日およそ200万人のお客さまにご利用いただいておりますが、最混雑区間の混雑率は東京主要区間でワースト3。『朝の通勤時間帯の混雑』という非常に深刻な問題を抱え、これまで『混んでいて遅い』という意見を頂戴しておりました。新ダイヤでは、そのイメージを一新することができます」(小田急電鉄 星野晃司社長)

線路が「片側2車線」に 混雑率、大幅緩和へ

 2018年3月のダイヤ改正で、新宿駅側の複々線区間が増えます。道路にたとえると、これまで片側1車線だった区間が片側2車線になって“車線”が増えるため、運行できる列車本数も増加。ラッシュピーク時の列車本数が27本から36本になり、輸送力は40%アップ。「ワースト3」の混雑率は192%から150%程度になる見込みです。

 ダイヤ改正で複々線化されるのは、東京都世田谷区内の世田谷代田~東北沢間1.6km。片側1車線でボトルネックになっていたこの区間の複々線化で、登戸駅(川崎市多摩区)から新宿駅側が“片側2車線化”されます(代々木上原駅からは新宿駅方面、東京メトロ千代田線方面へそれぞれ片側1車線の線路が延びる形)。

所要時間を短縮 ピーク時に「快速急行」大増発 「通勤急行」「通勤準急」新設も

 複々線になることは、道路にたとえるなら、追い越し車線ができるようなもの。そのため、速い列車が先行する各駅停車など遅い列車につっかえることが減るため、所要時間が短縮されるという効果も生まれます。

 新ダイヤでは平日朝の通勤時間帯上りで、速い「快速急行」を25本増発し28本運転。ラッシュピーク時の所要時間が、町田駅から新宿駅までは最大12分短縮の37分、小田急多摩センター駅から新宿駅までは最大14分短縮の40分、経堂駅から大手町駅までは最大6分短縮の27分になります。

 また、停車駅の少ない「通勤急行」(停車駅:唐木田、小田急多摩センター、小田急永山、栗平、新百合ヶ丘、向ヶ丘遊園、成城学園前、下北沢、代々木上原、新宿)と、「通勤準急」(停車駅:本厚木から登戸までの各駅、成城学園前、経堂、下北沢、代々木上原、千代田線内)も新設されます。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171101 oer 02
  • Thumbnail 171101 oer 01

最新記事

コメント

14件のコメント

  1. 町田から西と多摩線内各駅停車、町田から新宿寄りは急行と同じ停車駅の快速が必要なのでは?

  2. メトロも東西線頑張ってるし、殺人的混雑を放置してるのは東急だけ?

  3. 遂に快速急行が登戸に停まるが、大丈夫か?
    遅延が増大するという結果を招かなければ良いのだが。

  4. それより、小田原駅でのJRとの連絡の悪さ、どうにかならんのか?特に、各停新松田行き。

  5. 複々線完成しても下北沢駅通過はないんだ。
    登戸駅を止めるなら下北沢駅通過の方が利点がある気がする。
    下北沢駅は地下深く、利便性も良いとは言えないから代々木上原駅に利用者が流れている。
    後、準急は狛江駅は止めなくて良いと思う。
    又、通勤準急や通勤急行は成城学園前や経堂を通過する事で混雑緩和出来るかも。

    • 確かにこれだけの本数が出せれば、代々木上原と下北沢の双方必須停車に拘る必要性は薄れたと考える。
      下北沢に停まるのであれば新宿まで無停車でも構わないと思うし、逆に代々木上原に停車させるのならば下北沢は通過した方が賢明ではなかろうか。要は78年以前に近いスタイルに戻す。下北沢から千代田線へ行き来する旅客が急行線ホームを使うことはあまりなくなるだろうし、問題ないだろう。
      両駅双方に停車する列車はいずれは取り止め、分離をはかった方がいい。

    • 出来ればその方がベターだが、つまりは自治体に…ではないかと。

    • ○田谷区の“くしゃみ”か・・・。

    • ぬこあざらしさん
      個人的には新宿と千代田線を遠距離から早く結ぶ事を目的とするなら代々木上原駅のみの停車が理想だと思う。
      下北沢駅は渋谷駅に行くしか利点がないし、地下深いから行きづらい。
      緩行線が出来れば下北沢駅の利用者は緩行線利用が中心になるから、下手に快速急行止めるなら代々木上原駅で停車して千代田線と新宿発着の乗り継ぎを考慮した方が良い気がする。
      半蔵門線や副都心線、銀座線方面への利用は代々木上原駅の方が便利だしな。

  6. なかなか平日の朝のロマンスカーが取れなくてね、今回の改正で多少は改善されるかな

  7. ダイヤを見ると、急行が遊園で快急の通過待ちしたり、斬新なダイヤ。準急が成城学園前で急行待ち合わせするし、各駅の待ち合わせがないことから、以前あった区間準急のように慣行線走らすんだね(通勤準急は除く)。
    各駅が経堂で通勤準急待ち合わせするけど、大丈夫かな??

  8. 千代田線直通が伊勢原まで延長されるのは、今回注目どころだと思う。
    しかし、快急を登戸と栗平に停車させるのは、如何なものなのか?

    • ダイヤ改正以後の快急は、むしろ2004年以前の急行に近い感覚になるだろう。
      当時の停車駅-成城学園前、向ヶ丘遊園=ダイヤ改正以後快急停車駅(新宿~新百合ヶ丘間基準で)となる。
      遠近分離の方針はある程度放棄するつもりのようだ。
      指摘している方もいるが、今回から快急が急行を追い越すダイヤが導入されるようだ。
      それだけ快急に速達性を持たせるダイヤになりそうだが、であれば今後の課題は「いかに特急から逃げ切らせるか」ということになる。具体的には、特急と特急の間の縫い目で、新宿~小田原間を逃げ切らせるダイヤとは?といったところ。勿論、停車駅を削らずに、である。ただし、追ってくる特急が「スーパーはこね」の場合はこの限りではないが・・・。

  9. 新松田~本厚木間の各駅停車ぶりをなんとかしてくれ。ください。