エコノミー往復4万、ビジネスでも9万円! ANA、マレーシア行きロングステイ向け新運賃発表

ANAがマレーシア行きのロングステイ向け新運賃を発表。ビジネスクラスが往復9万円、エコノミークラスが4万円です。

必要日数は、9日から6か月

 全日空(ANA)は2017年11月20日(月)、マレーシア行きのロングステイ向け新運賃を発表しました。

171120 longstay 00
ANAのボーイング787-8型機(2017年10月、恵 知仁撮影)。

「ロングステイ」とは、生活の源泉を日本におきながら行う海外滞在型余暇のこと。その国の文化や生活に触れながら、一般的に「2週間以上の滞在」(一般財団法人ロングステイ財団)を指します。

 今回、対象となる路線は東京(成田・羽田)からマレーシア・クアラルンプールで、搭乗期間は2018年1月10日(水)から9月30日(日)。チケットは2017年12月31日(日)まで発売されます。必要日数(運賃が適用される最低限必要な旅行日数)は、9日から6か月です。

 価格はビジネスクラスが往復9万円、エコノミークラスが4万円(このほか燃料特別付加運賃、航空保険特別料金、現地空港税などが別途加算。通常運賃はビジネスが往復22万9000円から、エコノミーが5万2000円から)。これまでも期間限定発売のプロモーション運賃など、同程度の値頃感の商品は存在していましたが、必要日数が2日から14日と、ロングステイ向けではありませんでした。

171120 longstay 01
左からロングステイ財団の弓野克彦理事長、ANAマーケティング室の平田郁子アシスタントマネージャー、マレーシア政府観光局のアズラン支局長(画像:2017年11月20日、乗りものニュース編集部撮影)。

 予約はビジネス、エコノミーともに日本出発の28日前まで。購入はビジネスが予約完了の3日以内、日本出発の28日前までで、エコノミーが予約完了後24時間以内、日本出発の28日前までです。手数料1万円で、予約の変更と払い戻しも行えます。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171120 longstay 00
  • Thumbnail 171120 longstay 01
  • Thumbnail 171120 longstay 02

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これは安いなぁ、特にビジネス。

    マレーシア航空のアップグレードオークションは結構ドキドキするので、最初から安いと助かるな…と思ったら東京のみかぁ。残念。