JR四国、新型特急車両「2600系」運行開始! 4両だけのレア車両に?

2600系は4両だけの「レア車両」に?

 この2600系は、現在活躍しているJR四国の特急用ディーゼルカー2000系の老朽置換え用として登場。台車に取り付けられた「空気バネ」の高さを空気圧で変えて車体を傾け、カーブを通過する際の遠心力を抑えることで、カーブを高速で通過できるようになっています。

 デザインは「Neo Japonisme(ネオ ジャポニズム)」というコンセプトで、日本の伝統意匠を現代風にアレンジ。四国の豊かな自然に映えるディープレッドを基調に、吉兆を表す赤と金色が配されています。車内も「和」の柄を取り入れ、座席のモケット(表地)は車両ごとに臙脂(えんじ)と紺を使用。それぞれ味わいの違いを楽しめるようになっています。

Large 171202 2600 02
高松駅で行われた新型ディーゼルカー2600系の出発式(2017年12月2日、伊原 薫撮影)。

 今後、2600系は高松~徳島間を走る特急「うずしお」として、1日3往復が運転される予定です(車両の検査などにより、ほかの車両で運転される場合もあり)。

 なおJR四国では、今後新製する特急型ディーゼルカーは2600系をベースとし、車体傾斜方式に2000系などで実績のある振子方式を採用することを決定。2600系は、いま在籍する4両だけの“レア車両”となる模様です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. 電車じゃないんだな。

  2. 解体よりはましか。

  3. デジャブ・・・。

  4. 土讃線で使えなければ意味がない。

  5. 2600系は開発コスト
    車輛整備コスト低減に「空気バネ傾斜」方式を採用
    しかし、土讃線の四国山地の急カーブ連続区間では
    空気不足になり
    空気タンクを増量しても不可能だったので
    2700系は「振り子方式」を復活!