JR四国、新型特急車両「2600系」運行開始! 4両だけのレア車両に?

【写真】新型特急気動車2600系「うずしお」営業運転開始出発式

Large 171202 2600 03
高松駅で行われた新型ディーゼルカー2600系の出発式(2017年12月2日、伊原 薫撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(3枚)

Writer: 伊原 薫(鉄道ライター)

鉄道ライター。乗り鉄・撮り鉄のほか、鉄道旅で酒を楽しむ「飲み鉄」や列車を貸し切って遊ぶ「借り鉄」の普及に勤しむ。最近は、鉄道と地域の活性化アドバイザーとしても活動中。好きな発車メロディはJR北千住駅。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. 電車じゃないんだな。

  2. 解体よりはましか。

  3. デジャブ・・・。

  4. 土讃線で使えなければ意味がない。

  5. 2600系は開発コスト
    車輛整備コスト低減に「空気バネ傾斜」方式を採用
    しかし、土讃線の四国山地の急カーブ連続区間では
    空気不足になり
    空気タンクを増量しても不可能だったので
    2700系は「振り子方式」を復活!