「スターウォーズキャニオン」とは? 灼熱の荒野、渓谷を飛び交う戦闘機のナゼ(写真11枚)

映画『スターウォーズ』の名を冠した愛称で呼ばれる渓谷があります。空と大地とわずかな植物を太陽が容赦なく照りつけるような荒野ですが、映画のロケ地としてはもちろん、軍用機マニアにとっても世界中に知られた場所といいます。

飛行機マニアはなぜ「死の谷」を目指すのか

 アメリカのカリフォルニア州にあるデスバレー国立公園。19世紀にカリフォルニアのゴールドラッシュで、この土地に迷い込んだ人々がそう呼んだことから名付けられたという砂漠と岩山だらけの荒涼とした大地で、夏には最高気温50度を越えるという、まさに字のごとく「死の谷」です。

171206 starwars 01
チャイナレイク基地から飛来したアメリカ海軍のF/A-18F(2017年11月、石津祐介撮影)。

 そんなデスバレーに、花崗岩や大理石など多様な岩石からなる渓谷「レインボーキャニオン」と呼ばれる場所があります。なかなか見応えのあるダイナミックな風景なのですが、実はあることで世界中からマニアが集まって来る有名な場所です。

世界的に有名な低空訓練エリア 眼下から迫る戦闘機

 実はここは、通称「スターウォーズキャニオン」と呼ばれる、アメリカ軍の軍事訓練エリアです。低空飛行により、対空砲火を避けたり、敵のレーダーに探知されたりしないことを想定した飛行訓練で、戦闘機が谷を縫うように300~400km/h以上で通過します。上空から急降下し、高さ約300mの谷に進入。谷底から60m程度の高度で、一気に機体を急上昇させ谷を抜けて行きます。その訓練の様子を谷の上から見ることができ、眼下からせり上がって来る迫力ある戦闘機を撮影しようと世界中からカメラマンが集まって来ます。

171206 starwars 02 171206 starwars 03 171206 starwars 04
荒涼とした大地が広がるデスバレー国立公園。
戦闘機が通過する、通称「スターウォーズキャニオン」。
谷を通過し、砂漠へと抜けるF/A-18E。

 この訓練エリアは、カリフォルニアにあるエドワーズ空軍基地が管理するR-2508と呼ばれる複合訓練空域にあり、F/A-18、F-15、F-16、A-10など空軍、海軍、海兵隊の様々な航空機が訓練に使用します。またアメリカ軍だけではなく、軍事演習に参加した各国の軍用機も飛来します。そしてこの訓練エリアは歴史も古く、第二次世界大戦の頃から訓練に使用しています。

この記事の画像をもっと見る(11枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171206 starwars 07
  • Thumbnail 171206 starwars 08
  • Thumbnail 171206 starwars 09
  • Thumbnail 171206 starwars 10
  • Thumbnail 171206 starwars 11
  • Thumbnail 171206 starwars 01
  • Thumbnail 171206 starwars 02
  • Thumbnail 171206 starwars 03
  • Thumbnail 171206 starwars 04
  • Thumbnail 171206 starwars 05
  • Thumbnail 171206 starwars 06

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 日本では訓練空域が基本的に海上しかないし、人工密集地も近いし、天候も不安定だから絶対に不可能。

    • 人口密集地、の間違い。

  2. キムタクヤマトのイスカンダルでも見た風景

  3. 見学者の足元よりも低い位置を飛行機が飛ぶのですか、飛んでるところを上から見下ろす光景ってちょっとした非日常かもしれないですね。

    • スイスでも似たような場所があるようです。