ANA、CA接客スキルコンテスト開催 個人部門、8000人から「OMOTENASHIの達人」決まる(写真25枚)

ANAがCAを対象とした接客スキルコンテスト「OMOTENASHIの達人」を開催。「チーム部門」と「個人部門」で最も優れたスタッフが選ばれました。

羽田~ニューヨーク便の機内食サービスで勝負

 ANA(全日空)が2017年12月8日(金)、同社のCA(客室乗務員)を対象とした接客スキルコンテスト「OMOTENASHIの達人」を開催しました。もてなしの心を体現するCAの接客スキルを組織全体で共有し、サービス品質を向上させることなどを目的としたイベントです。

171208 omotenashi 01
2チームによって競われた「チーム部門」コンテストの様子(2017年12月8日、乗りものニュース編集部撮影)。

 今回が5回目。「お客様視点のサービスや姿勢」「グローバルカスタマーとのコミュニケーション」「ユニバーサルサービスの実践」をテーマに、コンテストは「チーム部門」と「個人部門」にわけて行われました。

「チーム部門」は4人ひと組20チームで競われた予選会を勝ち抜いた2チーム、乗務第8課の「こめざんまい」と第2課の「ニコニコ E-girls」が、「ANA羽田~ニューヨーク線110便のビジネスクラスにおける食事や飲み物の提供」というシチュエーションで実演を通し、接客スキルや会話力、チーム力などを披露しました。乗客に扮したANAのスタッフが、食事やドリンクに関する質問、オーダーなどを投げかけると、両チームの参加者たちは日ごろ鍛えた接客スキルで対応。料理に合うドリンクを乗客にすすめたり、トリビアを披露したり、乗客とのコミュニケーションに真剣に取り組みつつ、客席とギャレー(機内調理室)を行き来していました。

171208 omotenashi 02
8000人から選ばれたCAがスキルを競った「個人部門」のコンテストの様子(2017年12月8日、乗りものニュース編集部撮影)。

 接客スキルは、両チームにひとりずつ付いたインストラクターと乗客役3人によって審査。サービスを体験した乗客役のひとりは「飛行機の上であることを忘れるくらい、料理が本格的。接客も対象に寄り添っており、緊張している乗客にはそれをほぐすように、搭乗になれた乗客にはフレンドリーに接していて、『ハレの空間』であることを感じさせないぐらいの心地よさを提供していました」と感想を述べました。

この記事の画像をもっと見る(25枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171208 omotenashi 05
  • Thumbnail 171208 omotenashi 06
  • Thumbnail 171208 omotenashi 07
  • Thumbnail 171208 omotenashi 08
  • Thumbnail 171208 omotenashi 09
  • Thumbnail 171208 omotenashi 10
  • Thumbnail 171208 omotenashi 11
  • Thumbnail 171208 omotenashi 12
  • Thumbnail 171208 omotenashi 13
  • Thumbnail 171208 omotenashi 14
  • Thumbnail 171208 omotenashi 15
  • Thumbnail 171208 omotenashi 16
  • Thumbnail 171208 omotenashi 17
  • Thumbnail 171208 omotenashi 18
  • Thumbnail 171208 omotenashi 19
  • Thumbnail 171208 omotenashi 20
  • Thumbnail 171208 omotenashi 21
  • Thumbnail 171208 omotenashi 22
  • Thumbnail 171208 omotenashi 23
  • Thumbnail 171208 omotenashi 24
  • Thumbnail 171208 omotenashi 25
  • Thumbnail 171208 omotenashi 01
  • Thumbnail 171208 omotenashi 02
  • Thumbnail 171208 omotenashi 03
  • Thumbnail 171208 omotenashi 04

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 快適な空の旅の究明は終わらない