松本バスターミナルが移転・リニューアル 広さほぼ倍に アルピコ交通

アルピコ交通の松本バスターミナルがリニューアルオープン。面積がほぼ倍になり、電源コンセント付きのベンチ、「ALPICO FREE Wi-Fi」なども導入されます。

コンセントやFi-Wi完備、グッズ販売も

 アルピコ交通(長野県松本市)は2017年12月18日(月)、松本バスターミナル(チケットカウンター)を移転・リニューアルし、「アルピコプラザ」1階で22日(金)から営業を開始すると発表しました。

 チケットカウンターをビル1階に移設し、面積は以前のほぼ倍(145平方メートル)に拡大。発券カウンターは5つ、自動券売機は2台を備えます。デジタルサイネージも8面に増設し、バスの発車案内や情報発信を強化します。

Large 171219 alpicomatsumoto 01
松本バスターミナルのリニューアル後イメージ(画像:アルピコ交通)。

 内装は「くつろぎと憩いの場」をコンセプトに木を多用。電源コンセント付きのベンチ(32席)を置くほか、「ALPICO FREE Wi-Fi」の導入や観光パンフレットの設置、アルピコ交通のバス・電車グッズ販売も計画しています。

 2018年3月には、バスのりばの発車案内表示器の更新、自動券売機の多言語化を予定。アルピコ交通は「新たに誕生する松本バスターミナルが、松本の新しい観光拠点・ランドマークとなるよう努めてまいりますのでご期待ください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171219 alpicomatsumoto 02
  • Thumbnail 171219 alpicomatsumoto 03
  • Thumbnail 171219 alpicomatsumoto 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. エスパの1階フロアを使うのね?
    だったらコーヒーショップかファーストフード店を併設してくれると助かる。

  2. 残念なミスプリを見つけてしまいました。
    タイトルの「コンセントやFi-Wi完備、グッズ販売も」って、Wi-Fiですよね?