通学定期券が値下げ 横浜市営バス・地下鉄 3月から

横浜市交通局が地下鉄とバスの通学定期運賃を改定。地下鉄は、約10~12%値下げされます。

3月17日発売の通学定期券から適用 

 横浜市交通局が、地下鉄とバスの通学定期運賃を、2018年3月に改定します。従来の運賃に比べ、地下鉄は約10~12%、バスは約13~19%の値下げです。

 たとえば、地下鉄の横浜~新横浜間の通学定期運賃(中学生以上、1か月)は、現行5650円から、改定後は5040円になります。

Large 180110 yokohamateiki 01
中学生以上の新運賃の例(画像:横浜市交通局)。

 新運賃は、3月17日(土)以降に発売する通学定期券に適用。それ以前に購入した地下鉄の定期券の一部については、手数料なしの払い戻しの取り扱いがあります。

 値下げの実施理由について横浜市交通局は「子育て世代の家計負担軽減および、お客様への利益還元」としています。
 
【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. こりゃあ、将来下手な値上げは出来ないぞ。

  2. 通勤定期や一日乗車券も値下げすれば良いのになと思う。
    そうすれば市営地下鉄の利用者が増えると思うが。

  3. 横浜市はゴミ収集車にしてもメーカー市販ではない特注品であったり一応にリースと言った形で乗り出しをしているようですが、バスも他県の物より高価な物を導入してますが、今更ガス抜きに値下げと言われてもね、他県の仕様なら軽く2台分の価格に相当する高価なゴミ収集車を導入するなら東京みたいに民間会社に運送事業として任せてはどうなのでしょうか?地下鉄も全国の交通局に比較して高いわけだし、市営バスのドライバーも民間に委託しても車両が市の所有権であるなら大阪みたいに民間企業に新生する選択もあるのではないでしょうか?

  4. 何が子育て世代だが、利益還元だか?自分達の給与を安定させるにどれだけ路線系統を省略したことかよ