エアバス長距離型「A321LR」の初号機が初飛行 営業運航に向け飛行テストへ

エアバスが製造する長距離型A321LRの初号機「MSN7877」の初飛行が成功。2018年第4四半期の営業運航開始に向け、飛行テストプログラムが始まります。

航続距離を約7400kmに延長

 エアバスは独ハンブルク時間2018年1月31日(水)、長距離型のA321LR(Long Range)初号機「MSN7877」の初飛行が成功したと発表しました。

Large 180201 airbusa321lr 01
ハンブルク着陸後に歓迎放水を受けるA321LR型機(画像:エアバス)。

 同機はCFMインターナショナル社製Leap-1Aエンジンを搭載。最大240席を装備でき、A320シリーズの客室ブランド「Airspace by Airbus」も導入可能です。最大離陸重量を97トンに増加し、3個目の中央燃料タンクを追加することで、航続距離を4000海里(約7400km)に延長し、ニューヨーク~パリ間や東京~クアラルンプール間、北京~ドバイ間など、新たな市場開拓も可能になります。

 2時間36分の初飛行を終えたことで、A321LRは今後、2018年第2四半期の欧州航空安全庁(EASA)、米連邦航空局(FAA)による型式証明取得を目指し、大西洋横断飛行を含む約100時間におよぶ飛行テストプログラムが開始されます。エアバスによると、営業運航の開始目標は2018年第4四半期ということです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180201 airbusa321lr 02
  • Thumbnail 180201 airbusa321lr 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. LRを名乗りたいなら1万2千キロくらい飛ばなきゃ、、、

  2. 乗客数からすると・・・やっぱり長距離を名乗るにはなんか物足りない。比較として少し間違ってるがB737と比べるとどうなんだろう。