新型ロマンスカー「GSE」試乗ツアー開催 引込線で折り返し、4つの参加特典も 小田急

小田急電鉄が、新型ロマンスカー「GSE」の営業運転開始に先駆けて、日帰りの試乗ツアーを開催します。小田原駅での折り返しは引込線を使用。参加特典のおみやげも付きます。

3月17日の営業運転開始前に開催

 小田急電鉄は2018年2月6日(火)、新型70000形電車「GSE」の営業運転開始に先駆けて、3月9日(金)に日帰りの試乗ツアーを開催すると発表しました。

「GSE」は、60000形電車「MSE」以来10年ぶりに登場する特急「ロマンスカー」用の新型車両です。3月17日(土)から営業運転を開始します。

Large 180206 odakyugseshijyo 01
2018年3月17日に営業運転を開始する特急「ロマンスカー」用の新型70000形「GSE」(2017年12月、恵 知仁撮影)。

 試乗ツアーは、「GSE」で小田原線の本厚木~小田原間を往復。小田原駅では普段は乗れない引き込み線を使って、上下線を移動します。参加者には特典として、小田急トラベルによる記念乗車証、硬い厚紙でできたD型硬券の乗車証明証、「GSE」のパンフレット(4ページ)、記念掛け紙付き弁当(持ち帰り用)を配布。車内での抽選会や展望席の見学なども予定しています。集合と解散は本厚木駅です。

 募集人数は330人。税込みの旅行代金は大人6580円、小学生5580円です。なお、小田急グループの「OPクレジットカード」会員は、カード決済で6380円に割り引きされます。販売は2月9日(金)15時から、小田急トラベルのウェブサイトや各店舗などで行われます。

「GSE」は「Graceful Super Express」の略。Graceful(優雅さ)は70000形のコンセプト「箱根につづく時間(とき)を優雅に走るロマンスカー」に由来します。

 外観はローズバーミリオンに、「ロマンスカー」の伝統であるバーミリオンオレンジの帯が巻かれています。先頭車両には「ロマンスカー」の象徴のひとつである展望席を設定。それ以外の客室も、流れる車窓が楽しめるよう連続窓が採用されています。車内はWi-Fiや電源コンセント(全席)などを導入。トイレは温水洗浄機能付きで、客室にはラゲッジスペースも設けられています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180206 odakyugseshijyo 02
  • Thumbnail 180206 odakyugseshijyo 01

関連記事

最新記事

コメント