「被災地の『今』感じて」 三陸鉄道「震災学習列車」運転 個人参加も可

三陸鉄道がIGRいわて銀河鉄道観光との共同企画として、「震災学習列車」を運行。コースは2種類あり、団体ツアーのほか個人でも参加できます。

「北リアス線」と「南リアス線」の2コース運行

 岩手県の太平洋沿いを走る三陸鉄道が、2018年3月11日(日)に「震災学習列車」を運行します。

Large 180305 santetsushinsai 01
田老駅に到着する宮古行き列車(2011年8月、乗りものニュース編集部撮影)。

 2011年3月11日14時46分に発生した巨大地震から7年。「震災学習列車」は「被災地の『今』を『見て』『聞いて』『感じて』いただき、皆さまの今後の防災にお役に立てればと思い」(三陸鉄道)、IGRいわて銀河鉄道観光との共同企画で運行されます。コースは「北リアス線」と「南リアス線」の2種類です。それぞれの運転区間と時刻は次のとおり。

・北リアス線コース
 久慈14時25分発→田野畑15時30分着
・南リアス線コース
 盛14時15分発→釜石15時25分着

 通常は団体ツアーの貸切列車として運行されますが、個人でも参加が可能。列車では三陸鉄道社員によるガイドがあるほか、14時46分には黙祷(もくとう)が行われます。

 三陸鉄道は「遠慮せず、三陸海岸にお越しください。お待ちしております」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 頑張ってるな東北