地下鉄・路面電車・バス 東京都交通局「整備の現場」が写真集に

東京都交通局から、その地下鉄や路面電車、バスの「保守点検の現場」にフォーカスした写真集が登場。外国人写真家を起用することで、「日本人にはない斬新な気づき」も狙ったといいます。

外国人から「日本の整備の現場」はどう見える?

 東京都交通局から2018年3月20日(火)、安全・安定運行のため整備場などで行われている保守点検の現場を撮影した写真集『MAINTENANCE』(発行元:青幻舎)が登場します。

Large 180306 toei 01
東京都交通局の保守点検の現場を撮影した写真集『MAINTENANCE』収録写真の一例(画像:東京都交通局)。

 撮影は、世界的写真家集団「マグナム・フォト」に所属する写真家マーク・パワーさん。東京都交通局によると、その情報発信プロジェクト「PROJECT TOEI」の一環で製作したとのこと。鉄道やバスといった交通インフラを日々の保守点検によって安全に運営し、維持するなか、この「整備の現場」を外国人の視点で捉えたときに、日本人にはない斬新な気づきが生まれるのではないかとの考えから、外国人写真家による写真集制作を企画したそうです。

「この現場は小宇宙のようでした。そこにひとつの世界ができあがっている感じがしました。現場で働いている人々が、すごく汚れる作業だったり、歯車のひとつのような仕事だったりということもたくさんあるのですが、みな、知的で誇りを持って仕事をされていたのが印象的です」(マーク・パワーさん)

 撮影場所は馬込車両検修場、志村車両検修場、大島車両検修場、木場車両検修場、大江戸線駅構内、大江戸線トンネル内、荒川車両検修所、東京さくらトラム(都電荒川線)新庚申塚停留場・王子駅前停留場、品川自動車営業所、巣鴨自動車営業所、新宿駅西口バスターミナル、錦糸町駅南口バスターミナル。写真集はA4縦型、ハードカバー、160ページ、PETケース入りで、価格は3800円(税別)です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント