諸元表「JR東海 N700S新幹線電車(確認試験車)」

N700Aに続く東海道・山陽新幹線の新型車両「N700S」の確認試験車が完成しました。営業車両の反映させる新技術の確認を行うための車両ですが、実際にどのような仕様で開発され、どのくらいの性能を持っているのでしょうか。おもな諸元を紹介します。

次期営業車両の開発に向けた試験車両

 JR東海が東海道・山陽新幹線の新型車両として開発中の「N700S」。このほど確認試験車が完成し、2018年3月10日(土)に浜松工場で報道公開されました。次期営業車両に反映する技術の確認が確認試験車を使って行われます。

Large 180310 n700sspec 01
このほど全16両が完成したN700S確認試験車のJ0編成(2018年3月10日、草町義和撮影)。

主要諸元(J0編成)

●基本構成
電動車比率:14M2T
ユニット構成:4両1ユニット

●定員
乗車定員:1323人(グリーン車200人、普通車1123人)

●速度
最高速度:東海道285km/h、山陽300km/h
曲線通過速度(R2500m):275km/h
起動加速度:2.6km/h/s

●出力
編成出力:17080kW

●主要寸法
車両長:中間車25000mm、先頭車27350mm
車体幅:3360mm
屋根高さ:中間車3600mm、先頭車後位3600mm、先頭車前位3600mm

●先頭
先頭形状:デュアル・スプリング・ウィング形
先頭長:10.7m

●台車
台車構造:高速ボルスタレス台車
乗り心地(グリーン車):高性能フルアクティブ制振制御装置
乗り心地(普通車):高性能セミアクティブ制振制御装置

●集電装置
パンタグラフ:シングルアーム式

●車外設備
ホロ:全周型

●車内設備(グリーン車用シート)
座席幅:480mm
付帯設備:読書灯(高輝度LED・座席内蔵)、レッグウォーマー、インアームテーブル、フットレスト(無段階固定)

●車内設備(普通車用シート)
座席幅:B席460mm、B席以外440mm

●車内設備(その他)
喫煙ルーム:3か所 ※全座席禁煙
モバイル用コンセント:グリーン車全席(200個)、普通車全席(1123席)
車内インターネットサービス:有
トイレ(奇数号車):洋式(自動開閉機能付き温水洗浄暖房便座)2+男性用1
多機能トイレ(11号車):車椅子利用可、オストメイト対応設備有
多目的室(11号車):車椅子利用可、ベッド設備有
車内防犯カメラ:有(各デッキ、客室、両運転台)

【了】

残り636文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

Writer: 草町義和(鉄道ライター)

1969年、新潟県南魚沼市生まれ。鉄道趣味誌で列車の乗車ルポや幻の鉄道(未成線)の散策記などを多数発表してきた。著書に『鉄道計画は変わる。』(交通新聞社)など。趣味はアサガオ、ゴーヤの栽培。

関連記事

最新記事