新東名の未開通区間、開通時期を再設定 伊勢原JCT~伊勢原北IC間は繰り下げ

NEXCO中日本が、新東名高速の未開通区間である厚木南IC~御殿場JCT間の開通時期を発表。伊勢原JCT~伊勢原北IC間は2019年度に繰り下がります。

全線開通は2020年度で変更なし

 NEXCO中日本は2018年3月20日(火)、建設を進めている新東名高速の厚木南IC~御殿場JCT間について、新たな開通時期を明らかにしました。

180320 shntmikitu 01
2018年1月28日には、神奈川県内の海老名南JCT~厚木南IC間1.5kmが開通している(2018年1月、中島洋平撮影)。

 開通見通しの時期は、厚木南IC~伊勢原JCT間4.3kmが「2018年度」、伊勢原JCT~伊勢原北IC間2.4kmが「2019年度」、伊勢原北IC~御殿場JCT間45.1kmが「2020年度」です。20日(火)に開催された第2回「E1A新東名高速道路(海老名南JCT~御殿場JCT間)連絡調整会議」で、NEXCO中日本が説明しました。

 伊勢原JCTは既存の東名高速と接続します。ここから伊勢原北ICまでの区間は、当初、2018年度完成とされていましたが、埋蔵文化財の調査などがあった関係で2019年度に繰り下がりました。

 NEXCO中日本によると、伊勢原北IC~御殿場JCT間も用地取得の難航、工事用進入路の確保難航、膨大な量の埋蔵文化財調査などがあるものの、2020年度までの全線開通を目指して事業を進めていくとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180320 shntmikitu 02
  • Thumbnail 180320 shntmikitu 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 新湘南バイパスの未開通区間はいつになりますかね…

  2. 見栄はらない方が賢明だぞネクスコ中日本。
    正直に2020年度にずれ込むと言っておけ。

  3. そうそう、新湘南バイパスは箱根・熱海の観光客の渋滞もあるからそっちを先に公表するべき