東急田園都市線の旧型8500系、引退に向けカウントダウン 新中期計画に盛り込み

東急田園都市線で新型車両の2020系電車がデビュー。これに伴い、同線を代表する車両となっていた8500系電車が引退に向けてカウントダウンに入りました。

波打つステンレス車体が特徴

 東急電鉄は2018年3月27日(火)に策定した新しい中期3か年経営計画(2018~2020年度)で、田園都市線の旧型車両の置き換えを盛り込みました。2022年度までに8500系電車が引退します。

Large 180328 tochu8500 01
東急田園都市線を代表する車両となっていた8500系(2017年7月、草町義和撮影)。

 8500系は1975(昭和50)年にデビューしたステンレス車体の電車です。東急東横線に導入された8000系電車を田園都市線や東京メトロ半蔵門線での運転向けにマイナーチェンジした車両で、8000系と同様に車体を補強するための板が波打っているのが特徴です。1991(平成3)年までに400両が製造され、東急の車両としては最も多く造られました。

 田園都市線ではこれまで、8500系と2002(平成14)年にデビューした5000系電車がおもに使われてきました。8500系は最も新しい車両でもデビューから27年が経過。老朽化が大きな課題になっています。2003(平成15)年から廃車が始まり、そのうちの一部は長野電鉄やインドネシア・ジャカルタの都市鉄道などに譲渡されました。

 東急は田園都市線の8500系を置き換えるための新型車両として、2020系電車を開発。2018年3月28日(水)から営業運転を開始しました。新しい中期3か年経営計画では、田園都市線と大井町線に新型車両の導入を進め、2022年度までに田園都市線の8500系を置き換えるとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180328 tochu8500 02
  • Thumbnail 180328 tochu8500 01

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 本来ならば既に東急の営業路線上から消えていた車輌だったが、諸事情で今日まで生き残ったのはご承知の通り。

    つくづく息の長い、生命力のある車輌だと思う。色々と叩かれてはいるが、シンプル・イズ・ザ・ベストを体現した分かりやすい例でもあった。ローレル賞も獲ったしね。

    田園都市線の主も、間もなく住み親しんだ地とお別れすることになる。よくぞ生き残った我が精鋭よ(違うか!!)。ある意味奇跡と言えるのかもな。

  2. とーきゅー「最も新しい車両でもデビューから27年が経過。老朽化が大きな課題」
    JR西日本「え?」
    阪急「はい?」
    近鉄「まだまだ使える」
    京阪「若造が何で「老朽化」?」

  3. これより先に2000系の方が廃車になりそうな気がする。
    何故なら8500系の多くは東武伊勢崎線直通だが、2000系は全て直通不可能だからだ。
    最も東急の事だから8500系を廃車しても地方私鉄に譲渡しそうだが。

  4. 「あざみ野」駅や「東横線」の手下に欠かせない東急田園都市線ならでの8500系が、2022年度ですべて廃車するなんて、もう残念ですね。
    僕も思えば、中学生になったとも言う1984年4月9日につきみ野~中央林間が開通され、小田急江ノ島線に接続されてとてもだったが、色々時間がかかって大変でした。
    1996年春に「快速」を廃止して全てを「急行」とし、長津田~中央林間へ途中無停車の延伸となって、とても世の中を変えて来た見たいですね。

  5. 一枚目の写真は東武線内のですね